明智光秀の妻の名は、妻木 煕子(つまき ひろこ)または明智 煕子(あけち ひろこ)とされています。

明智光秀の生涯は謎に包まれていますが、妻については記録が殆どありません。

名前についても同様で、「煕子」の名は後世に知られるようになった俗称とみられおり、正しい名前は定かではなく「お牧の方」または「伏屋姫」とも伝わります。

スポンサーリンク






明智光秀の妻・妻木 煕子(ひろこ)の生涯

煕子の父の名は、妻木勘解由左衛門範熙(つまきかげゆざえもんのりひろ)、または妻木広忠を父とする説もありますが、同一人物であるとも云われています。

妻木広忠説の出典元は不明ですが、光秀の娘(細川ガラシャ)の嫁ぎ先である細川家の記録である『細川家記』によると、光秀の妻の父は妻木勘解由左衛門範(つまきかげゆざえもんのりひろ)(妻木範熙)であるといいます。

※「子」は父の名から付けられた俗称とも言われています。

細川家は現代も続く名家であり、細川家の歴史を記した『細川家記』は、貴重な史料とされる一級史料であります。

しかし光秀の記録につては、史料価値は低いとされる『明智軍記』からの転載と見なされる部分があり、光秀の記録については信憑性があるのかわからない状態です。

ですが光秀の妻は、肥後(ひご)細川家当主・細川忠興(ただおき)の義母に当たるため、『細川家記』に記された妻木勘解由左衛門範熙(つまきかげゆざえもんのりひろ)説が有力視されています。

いずれにせよ、妻木氏出身であるとされており、妻木氏は明智氏の与力となった後に重臣となります。

光秀と妻・煕子の子供は、長女に明智秀満(ひでみつ)の正室、次女に明智光忠(みつただ)の正室、三女・珠は、細川ガラシャとして知られており細川忠興の正室、四女は津田信澄(つだ のぶずみ)(信長の弟の子供)の正室、嫡男の明智 光慶(あけち みつよし)、次男の十次郎光泰、三男に乙寿丸がいたと伝わります。

しかし、光秀の子供については諸説あり定かでなく、煕子か側室が産んだのかも不明とされています。

※明智光忠は、光秀のいとこで、細川ガラシャは次女との説もあります。

 

 

明智光秀の妻・煕子(ひろこ)と疱瘡の逸話

明智光秀の妻にはいくつかの逸話が残されていますので、紹介させていただきます。

妻・煕子は婚約時代に疱瘡(ほうそう)にかかり、顔に痘痕(あばた)が残ってしまったといいます。

これを案じた父・妻木範熙(つまき のりひろ)は、煕子の妹を身代わりとして明智家に嫁がせることを考え、煕子も光秀様に恥をかかせては申し訳ないと同意したそうです。

しかし、こうした事情を知った光秀は、

「容貌<ようぼう>などは歳月で変わるもの、変わらぬものは心の美しさです。私は煕子殿と添い遂げたく思います」

という手紙を妻木家に送り、最初の約束通り煕子と結婚したとされています。

煕子は感動し生涯添い遂げる思いを強くし、夫婦となった二人の仲は睦まじかったと伝わります。

 

※この逸話は、立花宗茂(たちばな むねしげ)の母・宋雲院が高橋紹運(たかはし じょううん)に嫁ぐ時の話によく似ているそうで、後世の創作であるとする説が有力ですが、仲睦まじかったことは事実とみなされています。

 

スポンサーリンク






明智光秀の妻・煕子(ひろこ)黒髪を売る

美濃(みの)(岐阜)にいた光秀ですが、1556年に齊藤義龍(さいとう よしたつ)との戦に敗れ、妻や家族と伴に美濃から越前(えちぜん)(福井県)に逃れて、貧しいながら夫婦で仲良く暮らしていたそうです。

齋藤義龍

齋藤義龍

越前の称念寺(しょうねんじ)に、光秀が寺子屋を開き、不遇時代を過ごしたとの伝承があり、称念寺と光秀の関係を示す一級の史料も残っているようです。

光秀が越前にいた痕跡はあるようですが、その頃の光秀と妻の詳細は定かではなく、称念寺門前にて夫婦で寺子屋を開いたとも、旅に出たとも伝わります。

その越前に居た頃の逸話があります。

仕官先が見つからず貧窮していた頃、越前の大名・朝倉家の家臣と連歌の会を催すチャンスが訪れます。

せっかくの仕官の機会ですが、武将を集めた連歌の宴会を開く資金がありませんでした。

ですが妻が黙って資金を用意し、宴会は酒肴(しゅこう)(酒と酒のさかな)で大成功したそうです。

資金は妻が大切にしていた自慢の黒髪を売って手に入れたものでした。

やがて光秀は朝倉家の仕官がかない、妻への報恩を心に決めたそうです。

このことで、頭が上がらず側室がいなかったとも伝わり、一説には妻の気持ちに応えるため「たとえ天下をとったとしても、妾は持たぬ。」と語ったとも言われています。

 

※光秀に側室がいなかったかは定かではありませんし、煕子は後妻だとする説もあります。

※既に朝倉家の家臣になっていた頃の逸話との説もありますが、朝倉家に仕えたことすら史実かどうか断定されていません。

※光秀の生涯は謎だらけですので、逸話がどこまで本当の話なのか不明ですが、創作の可能性が高いとされています。

 

 

松尾芭蕉が詠んだ光秀の妻の句

あの有名な松尾芭蕉(まつお ばしょう)は、奥の細道の途中(又は終えてからとも)で越前に寄り、詠んだ句があります。

光秀の妻の黒髪の逸話を思って詠んだとされています。

松尾芭蕉

松尾芭蕉

「月さびよ 明智が妻の咄(はなし)せむ」

「寂しい月明りのもとですが(今は出世の芽がでてないが)、明智光秀の妻の黒髪の話してあげましょう。(あなたのその心掛けは、必ず報いられる日が来ますよ)」

という意味になるそうです。

スポンサーリンク






『兼見卿記』に見る光秀の妻の享年

吉田兼見(よしだ かねみ)は光秀と交流があり、光秀の娘(細川ガラシャ)の岳父・細川幽斎(ほそかわ ゆうさい)の従兄弟でもある人物です。

吉田兼見
EPSON MFP image
吉田兼見

吉田兼見は、『兼見卿記(かねみきょうき)』という重要な史料とされている兼見の日記の中に、光秀とのやり取りを残しています。

『兼見卿記』によると、光秀は1576年5月23日頃に石山本願寺(いしやまほんがんじ)攻めの大坂包囲の陣中で発病し、5月26日の夜に光秀の妻が、大中寺(だいちゅうじ)某を使者として、吉田兼見(よしだ かねみ)に病気快気の祈念を依頼したそうです。

光秀の病はかなり重かったようで、信長も使者を派遣して光秀を見舞っており、6月12日には光秀が病没したとの噂が山科言継(やましな ときつぐ)の耳に入ったそうですが、7月には回復し、7月14日には見舞いにきた吉田兼見と面会しています。

しかし、10月に今度は光秀の妻が病に倒れ、10月10日に光秀は妻の快気の祈念を吉田兼見に依頼し、吉田兼見はお祓(はら)やお守りを持って見舞います。

24日に光秀の妻の病は快気し、光秀は非在軒という者に折紙と銀子(ぎんす)一枚を吉田兼見に届けさせ、11月2日には妻の見舞いにきた吉田兼見と光秀の京都の宿所にて面会したそうです。

 

ですが、光秀と妻のお墓がある近江の西教寺(さいきょうじ)(滋賀県大津市)の過去帳によれば、この後直ぐの11月7日に光秀の妻が坂本城で死去したと記されているそうです。

光秀の妻・煕子のお墓

西教寺にある妻・煕子のお墓

法名は福月真祐大姉、享年は、46または36、42とも云われています。

光秀の妻は一度は快気したものの、また直ぐ発病してしまったということでしょうか。

『兼見卿記』には、光秀の妻の死については記載がないようです。

 

『明智軍記』には光秀の妻は、本能寺の変の直後の坂本城落城の際に48歳で亡くなったとしていますが、この説は信憑性がないとされています。

このように、光秀の妻については、名前も、親も、生没年もハッキリとは分かっていません。

逸話から読み取れるように賢い人であったと伝わっており、現在は光秀と共に西教寺にて眠っています。

 

細川ガラシャの詳細はこちらの記事に記載しています。

明智光秀の娘・細川ガラシャ~キリスト教に改宗し誇り高く迎えた最期~

 

スポンサーリンク






 

参考・引用・出典一覧

戦国時代ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村