MENU

麒麟がくる12話のあらすじ【ネタバレ有り】土岐頼芸の鷹と斎藤道三

2020 4/04

2020年4月5日に放送予定の、麒麟がくる12話の詳細なネタバレを含んだあらすじです。

ついに妻木煕子を娶ることを決意した光秀、織田家の家督の行方について。

斎藤道三(利政)と土岐頼芸が対立し、父に弓を引くことを決めた斎藤義龍(高政)の様子が描かれる回です。

目次

明智光秀の嫁取り

天文20年(1551年)、明智光秀(十兵衛)(長谷川博己)は近江へ行き、将軍・足利義輝に謁見し、織田信秀と今川義元の和議の取り成しを、働きかけました。

近江から帰ってきた光秀は、ひたすら大鉈で薪を割り続けていますが、上の空で身が入らない様子に、母・牧(石川さゆり)は心配します。

同じく光秀の様子を案じた、叔父・明智光安(西村まさ彦)は、光秀の嫁取りを急ぎます。

それは、母や叔父に言えない悩みも、妻になら打ち明けられるかもしれないと思った為です。

そこで、光安は息子・明智左馬助(間宮祥太朗)に光秀と共に、妻木へ鷹狩りに行くように言います。

翌日、光秀は左馬助達と鷹狩りに出かけますが、近江での足利義輝(向井理)の言葉が頭から離れずにいました。

ゆっくり馬を走らせながらも、上の空だった光秀は、左馬助達とはぐれてしまいます。

そして光秀は、妻木煕子の父・広忠屋敷の井戸端にたどり着きます。

そこで光秀は、足利義輝が語った、穏やかな世の中を作れる者が連れてこれる「麒麟」について考えていました。

麒麟(きりん)

麒麟

 

妻木煕子を娶る決意をする光秀

足利義輝の言葉を回想する光秀に声をかける人物がいて、それは妻木煕子(木村文乃)でした。

光秀と煕子は、他愛もない話をしますが、会話の中で光秀が風が冷たかったと言うと、煕子は懐から布に包まれた石を出し、光秀に渡します。

その石は温石といい、焼いた石を布などで包み、暖をとるための物で、ホッカイロのような役目をする石です。

温石で暖まった光秀が、帰ろうとしたところ、名残惜しく思った煕子は光秀を見送ります。

そして、暫く二人で歩いた後、光秀が煕子に妻にならないかとプロポーズします。

幼い頃、光秀は煕子に「大きくなったらお嫁においで」と言ったことがあり、それは煕子も覚えています。

光秀が考えて欲しいと言うと、煕子は頷きます。

織田信長はたわけ者!?

一方の織田信秀(高橋克典)と今川義元(片岡愛之助)は、将軍・足利義輝の仲介もあり、和議を結びます。

これにより、敗色濃厚であった織田方が、三河の国境付近にあった城を、今川方に明け渡すことになりました。

今川義元は、織田家の尾張に隣接した、重要な城を手に入れ、今川の勢力は尾張の目前にまで迫ります。

 

体調不良により、残された時間が短いと悟った織田信秀は、末盛城に信長(染谷将太)、信勝(信長の弟)(木村了)、土田御前(檀れい)、家老の平手政秀と佐久間盛重を集め会議を開きました。

寝床から辛そうに起き上がった信秀は、自分にもしものことがあれば、末盛城は信勝に譲ると言い渡します。

そして、信長には、引き続き那古野城を任せると言うと、信長は不満ををあらわにします。

信長は、末盛城は松平家の三河に近く、今川からの侵攻を防ぐなど、守り甲斐のある城だと思っていましたが、一方の那古野城は、清須城に近いだけの城だと思っていました。

しかし信秀は、尾張の守護・斯波氏がいる清須城に最も近い那古野城こそ、織田家の要の城だと言います。

それならば、何故、要の城である那古野城を手放し、末盛城に父・信秀がいるのかと信長は納得できません。

信秀はいずれ家督を信長に譲ろうと思っているので、大事な那古野城を任せていると信長に言います。

それでも信長は納得できず、分かり合えない信長に腹を立てた信秀は、話を切ると出ていけと言い放ちました。

二人の様子に、信長の傅役・平手政秀(上杉祥三)はうろたえ、土田御前は不快な表情をするのでした。

末盛城の他、家老の佐久間盛重、お気に入りの柴田勝家などを信勝に渡すことになったことに、信長は納得できませんでした。

これは、母・土田御前の謀だと、帰蝶(川口春奈)に息づかい荒く話すのでした。

土田御前は、弟・信勝を偏愛しており、病で弱気になった父・信秀に付け込み、家督も信勝に継がせようとしていると信長は思い込んでいました。

また、2年前に信長が松平広忠(浅利陽介)を亡き者にしたことも、今川との和議を平手政秀に任せたのも、信秀の為に行ったのに褒めてもらうどころか、「たわけ」と叱られ不満に思っていました。

それも全て、母が父に吹き込んでいるせいだとボヤキ、思いを晴らす術のない信長は、帰蝶の前で子供のように泣き出します。

織田信秀の本音

すると、元々気の強い性格の帰蝶は、決心した様子で信秀の居る部屋に向かって歩き出します。

途中、土田御前に出くわした帰蝶は、信長が那古野城に帰城する前に、信秀に挨拶に来させるようにと託されます。

その時に、土田御前は、信秀が望月東庵(堺正章)を尾張に呼んで、スゴロクをしたいと言い出したとため息をつきます。

帰蝶に望月東庵を呼ぶことは出来ないかと言いつつも、それは無理だろうと決めつけ去って行きました。

信秀の居る部屋に入った帰蝶は、意識が朦朧とする信秀に、信長と信勝のどちらに家督を継がせるつもりなのか尋ねます。

そして、帰蝶は望月東庵を呼ぶことと引き換えに、信秀の意思を引き出すことに成功します。

信長の元へ戻った帰蝶は、不貞腐れている信長に、信秀の本音を伝えます。

それは、信秀が若い頃に信長はソックリで、信長を愛おしく思っていること、信長に尾張を任せたいという意思でした。

父の本音を知った信長は、感激し喜びます。

帰蝶からの文

その後、帰蝶から望月東庵の元へ文が届き、信秀とスゴロクをして欲しいと書かれていました。

その時、東庵は九条家で、ニワトリの雄を戦わせる競技・闘鶏を楽しんでいました。

薬代を稼ぐため、闘鶏に興じていましたが、稼ぐどころか40貫も負けこんでいました。

帰蝶の依頼の応えようと、京から尾張に向かおうとしますが、40貫を明日までに返さないとなりませんでした。

すると、伊呂波太夫(尾野真千子)が、40貫を肩代わりするので、尾張に行った後で駿河に立ち寄って欲しいと東庵に依頼します。

伊呂波太夫と懇意にしている友野二郎兵護(ともの じろうひょうえ)という、駿河の豪商の元へ行って欲しいそうです。

病弱な子を診て欲しいと名医を希望していて、謝礼は100貫出すという話だそうです。

また、東庵の助手・(門脇麦)も、幼い頃に助けてくれた命の恩人が、美濃の人で桔梗紋を使用する侍だと判明したばかりで、途中で美濃に寄って、桔梗紋を使用する明智家に確かめられる機会だと喜びます。

桔梗紋

桔梗紋

なので、東庵と駒は、尾張、美濃、駿河に行くことにしました。

土岐頼芸から斎藤道三(利政)に送られた刺客

その頃、斎藤道三(利政)(本木雅弘)の居城・稲葉山城では、土岐頼芸(尾美としのり)が大事に育てた自慢のが運び込まれていました。

岐阜城(稲葉山城)

稲葉山城(岐阜城)

その立派な鷹を、鷹の飼育などをする鷹匠が、止まり木に移そうとしますが、何故か上手くいきません。

見かねた道三(利政)が、手伝おうとした瞬間、鷹が道三の手をかすめます。

そして、横から手を伸ばした近習の腕に鷹が止まり、鷹の爪が近習の腕に刺さります。

鷹

すると、近習の顔が白くなり、床に倒れて苦しみ出します。

この鷹匠は、土岐頼芸が道三に差し向けた刺客でした。

そのことに気が付いた道三(利政)は、激しい怒りの形相になり、怒りをあらわにしたのです。

あわせて読みたい
大河ドラマ【麒麟がくる】の見逃し配信をお得に見る方法
大河ドラマ【麒麟がくる】の見逃し配信をお得に見る方法大河ドラマの見逃し配信をお得に見る方法を紹介しています。 今放送の大河ドラマの見逃し配信の視聴方法や、過去の大河ドラマを視聴する方法も紹介しています。
目次
閉じる