明智光秀の出生地は、岐阜県可児市広見(かにしひろみ)瀬田(せた)が有力であると目されていますが、他に岐阜県恵那(えな)明智町、岐阜県山県(やまがた)市とする説もあります。

明智光秀は、謎の多い武将です。

研究はされているようですが、出生地や光秀のについても、詳細はわかっていません。

今回は、現在伝わっている範囲で、出生地と光秀の母についてまとめました。

 

 

光秀の出生地候補の可児市

明智光秀の出生地として、一番有力視されているのは、岐阜県可児市広見(かにしひろみ)瀬田(せた)です。

土岐氏流明智氏の出自の地であると共に、光秀誕生の地との伝承が残ります。

 

《明智城址》

かつては、明智荘(あけちのしょう)という荘園があったところであり、1342年に土岐頼兼(とき よりかね)が明智城を築いたと伝わります。
明智城址の碑石

明智城址の碑石

 

土岐一族が200年栄え、光秀の叔父・明智光安(あけち みつやす)が、明智城代を務めていた1556年に、齋藤義龍(さいとう よしたつ)との戦により落城し、現在は明智城址(あけちじょうし)(明智城の跡)となっています。

光秀の生まれた年を一番有力な説である1528年だとすると、光秀が約30年間を過ごしたとされる明智城付近は、現代では明智城址散策道として整備され、春から秋にかけてハイキングコースになっています。

別名、長山城、明智長山城とも云われます。

《天龍寺》

可児市の明智城の近くに明智家の菩提寺である天龍(竜)寺 (てんりゅうじ)があり、明智一族の歴代のお墓光秀の位牌があります。

明智光秀の位牌と木像

天龍寺の明智光秀の位牌と木像

※光秀のお墓は滋賀県大津市にある西教寺(さいきょうじ)と高野山にあります。

毎年6月上旬には、明智光秀顕彰会が主催する「光秀供養祭」が行われています。

また、光秀の介錯を務めたと伝わる腹心の家臣・溝尾 茂朝(みぞお しげとも)を始め、可児左衛門(かに さえもん)、肥田玄蕃(ひだ げんば)らが岐阜県可児市広見の出身との伝承があり、明智一族であるとも伝わり、可児市が光秀出生の地として一番可能性が高いとされています。

そして、可児市の地元の方々も、光秀の出生地として自信があるそうです。

スポンサーリンク






光秀の出生地候補の恵那市

出身地と伝わる内の一つは、岐阜県恵那(えな)市明智町です。

岐阜県には二つの明智(知)城があり、恵那市には標高530mの山に築かれた明城がありました。

《明知城址》

城址(あけちじょうし)は、岐阜県の指定史跡となっおり、別名を白鷹城(しらたかじょう)、明智城ともいいます。

本曲輪(ぐるわ)・二の曲輪、石垣などの遺構や明知城の支城となる千畳敷砦(落合砦)があったところは、現在は千畳敷公園になっており、「光秀産湯(うぶ)の井戸」と称される井戸が残されています。

また、「光秀の母・お牧の方のお墓」や、光秀が若かりし頃に学問に精進したとの伝承がある「光秀公学問所」址(し)(跡)に建てられたという「天神神社」などもあります。

明智光秀の誕生の地として、名将・光秀を偲び、毎年5月3日に「光秀まつり」を開催し武者行列も行われるそうです。

万ヶ洞天神神社の学問所

天神神社の学問所

光秀が若い頃に勉強したとされる学問所が残されていてる天神神社に行った記事です。

明智光秀の学問所と天神神社

 

光秀の出生地とも云われる場所ですが、恵那市の明城は、明遠山氏(あけちとおやまし)が城主を務めたお城です。

明知遠山氏は明知の名がついていますが、光秀の土岐氏流明氏とは、別の氏族とされています。

光秀の出生地の根拠として異論がある一方、親戚の可能性はあるとも云われたり、光秀と同族である明智土岐氏より譲り受けたという俗説もあるそうです。

 

明智光秀と土岐一族に関してはこちらの記事に記載しています。

明智光秀と土岐氏~「ときは今~」の連歌に込められた想いとは~

 

《龍護寺》
明知城の北西山麓に明知遠山家の菩提寺・龍護寺(りゅうごじ)には、光秀の供養塔とされる御霊廟もあります。

明智光秀の御霊廟

明智光秀の御霊廟

龍護寺に伝わる光秀が所有していたとされる「光秀の直垂(ひたたれ)」は、光秀のお祭りの日に公開されています。

恵那市は光秀の伝承が一番多いところで、現地の方は出生地と信じている方もいらっしゃるとのことですし、恵那市では光秀の出生地の旗もたっていました。

光秀誕生地の旗

恵那市の明智駅にある光秀出生地の旗

 

ですが、先に述べたように遠山明知氏ゆかりの地であって、光秀の土岐氏流明智氏とは関係ないとする見方が通説では優勢のようです。

 

詳しくは、こちらの記事に記載しています。

明智町にある龍護寺~明智光秀の御霊廟(供養塔)と遠山氏について~

 

光秀の出生地候補の山県市

岐阜県山県(やまがた)市にも光秀の出生地の伝承が残されています。

伝承によると、土岐元頼(とき もとより)と中洞源左衛門の娘との間に光秀が生まれ、そして明智家の養子になったそうです。

生まれは山県市中洞とされ、光秀の産湯の井戸まで残っています。

明智光秀のうぶ湯の井戸跡

明智光秀の産湯の井戸

ですが、根拠となるものは残されておらず、伝承のみ伝わっています。

ここが出生地であるとは、現時点では可能性は低そうです。

この地は、出生地より興味深い説として光秀の生存説が残っていることです。

生存説については別の記事にしるしています。

荒深小五郎として明智光秀は生きた!?山県市に残る【桔梗塚】

スポンサーリンク






光秀の出生地候補の滋賀県多賀町

滋賀県多賀町佐目にも光秀の出生地説があります。

明智光秀の出生地といえば、岐阜県だと思っていたので驚きました。

明智光秀の大河ドラマ「麒麟がくる」が決定して、突然浮上した出生地説のようで記事にするまでもないと思ったのですが、あり得ない話ではなさそうなので記載することにしました。

十兵衛屋敷跡

滋賀県多賀町佐目にある十兵衛屋敷跡は、光秀が生まれ育った場所とする口伝があるそうです。

見津(けんつ)という一族に口伝で伝えてられていたそうですが、見津という字は光秀の「みつ」の字をもらったものだと云います。

これだけですと信憑性が低いですが、『淡海温故録<おうみおんころく>』という明智光秀の出生地のことが書かれた一番古い古文書にも、光秀が多賀町佐目で生まれたと記載してあるそうです。

『淡海温故録』とは、中世の土豪や武将などについて記載されているそうですが、彦根藩の藩主に献上された文献でもあり信頼性も高いとされています。

その信頼性の高い文献と地元の口伝が一致したため、光秀の出生地として名乗りをあげたそうです。

光秀が生まれ住んでいたとされる屋敷跡は、「十兵衛屋敷跡」と呼ばれています。

光秀は、明智十兵衛光秀という名であり、普段は「十兵衛」と呼ばれていたと云われています。

にわかには信じがたい話ですが、『淡海温故録』に書かれているというところが気になりますね。

 

スポンサーリンク






光秀の母・お牧

明智光秀の母は若狭武田氏の出身で名前は「」であるといい、お牧、お牧の方と呼ばれています。

『明智系図』によると、若狭(わかさ)武田家当主・武田義統(よしむね/よしずみ)の妹であるといいます。

若狭武田家といえば甲斐源氏(かいげんじ)に繋がる血筋です。

一方の光秀の父は英雄・源頼光(みなもとの よりみつ)の流れを汲む美濃源氏(みのげんじ)と伝わりますので、両親とも名門に繋がる血筋の子として生まれたことになります。

※父親については、諸説あります。

その光秀の母の最期について逸話がのこされているのですが、『総見記(そうけんき)』と『信長公記(しんちょうこうき)』では異なる説になっています。

両方の説を紹介させていただきます。

 

『総見記』に見る光秀母の逸話

光秀の母については、生没年を含め詳しいことは伝わっていませんが、『総見記』(信長の一代記)に記載された逸話が一つ伝わっていますので紹介させていただきます。

丹波国(たんばのくに)(兵庫県)の大名・波多野 秀治(はたの ひではる)ら三兄弟は、織田信長に従い、光秀らと共に織田氏に対抗する豪族を討伐していましたが、突然反旗(はんき)を翻(ひるがえ)します(反逆します)。

激怒した織田信長は明知光秀に命令し、波多野 秀治らが籠る八上城(やかみじょう)(兵庫県)攻めがはじまりました。

八上城攻めは、1575年行われ1579年に落城したとされますが、『総見記(そうけんき)』によると、この戦に光秀は苦戦し自身の母を人質として八上城に預け、波多野三兄弟に命の保証をした上で降伏させたといいます。

しかし、信長は約束を破り波多野三兄弟をはりつけにして命を奪ってしまい、これを知った波多野家家臣は、激怒し報復に光秀の母をはりつけの刑に処してしまいます。

また、光秀の母がはりつけにされたのは、本能寺の変と同じ6月2日のことであるといい、本能寺の変は母をはりつけにされた怨恨からとする説があります。

また、母でなく叔母であるとする説もあり、真実は謎です。

明智光秀の母をはりつけにする図

明智光秀の母をはりつけにする図

 

『信長公記』に見る丹波国平定

その一方で、織田信長の第一級史料である『信長公記(しんちょうこうき)』は、全く違う説を記しています。

光秀の八上城(やかみじょう)の兵糧攻めにより、波多野家中は兵糧不足になり、草、木の葉、牛馬を食べたり、餓死する者も多くいて、兵糧不足の深刻さから、波多野家の家臣達は秀治ら三兄弟を捕らえて、降参したとしています。

戦国時代の合戦で、主人が降伏しない時、家臣が主人を捕らえて降参する場合もあったそうです。

『総見記』は『信長公記』を元に、創作を加えたり、話を面白くするために粉飾された軍記物とのことです。

歴史は勝者によってつくられるというように、後世の人が話を盛ったり、創作することは珍しくないと思います。

特に軍記物はそのようなことが多いですね。

光秀の母の唯一の逸話ですが、信頼できる史料に記載の確認はできず、現代では史実ではないとする説が有力になっています。

 

可児市の明智城跡についてはこちらの記事です。

可児市の明智城跡

 

可児市の天龍寺の詳細はこちらの記事です。

 

可児市瀬田・天龍寺の見どころと明智光秀

光秀の父についてはこちらから。

明智光秀の父~明智家と齋藤道三~

 

明智光秀の母のお墓に行った記事はこちらです。

お牧の方のお墓~明智光秀の母~

 

参考・引用・出典一覧

 

戦国時代ランキング

 

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村