明智光秀の前半生は謎に包まれており、父についても諸説あります。

光秀の父には、どのような説が伝わっているのでしょうか。

また、光秀の父は齋藤道三(どうざん)に仕えていたとする説が有力です。

齋藤道三に仕えることになった経緯も記しています。

 

明智光秀の父

光秀の父の名前は定かではありませんが、「明智系図」など各種系図によると、光秀の父として一番多く記載されている名前は、明智光綱(みつつな)になります。

ただ、戦国時代の家系図は鵜呑みにできないことが多いと言われており、光秀の父の名も断定できていません。

明智光綱の他に明智光国、明智光隆(みつたか)、若狭(わかさ)の鍛冶藤原冬広、進士信周(しんじのぶちか)など10人以上の父親とされる名前があります。

また、明智光綱と明智光隆は同一人物とする資料があり、当時の人は名前を何度も変えることが珍しくない為、明智光綱(光隆)が父とする可能性が一番高いとも言われています。

更に明智光国も加え、三つの名前とも同一人物とする説もあります。

父の名前が定かでないものの、光秀の出自を土岐(とき)氏の庶流・土岐氏流明智氏とする説はほぼ認められています。

土岐氏は名門でありながら、光秀の父の名前さえ不明であるのは、身分が低い支流のためとする説がある一方、明智一族の通字である「光」の字を持つ光秀はそれ相当の位置にあったと考えられると論じる説もあります。

また、光秀と交流のあった公家の立入宗継(たてり むねつぐ)は、光秀のことを土岐(とき)氏の位の高い人と書いているそうです。

 

土岐家については、こちらの記事に記載しています。

👇

明智光秀と土岐氏~「ときは今~」の連歌に込められた想いとは~

斎藤道三に仕えたとされる明智光綱

このように父親については諸説ありますが、ここでは、現在一番有力視されている明智光綱(みつつな)として書かせていただきます。

光秀の父・光綱は、美濃(みの)(岐阜)の戦国大名である齋藤道三(さいとう どうさん)に仕えたとされています。

齋藤道三の肖像画

齋藤 道三

美濃は土岐氏流明智氏の本家である土岐家が美濃国主であり続けましたが、戦国時代に、斎藤道三の下剋上によって、美濃をおわれてしまいます。

光綱の父・明智光継(みつつぐ)(光秀の祖父)は、下剋上で本家の土岐氏が美濃をおわれた中、のし上がった張本人である斎藤 道三(どうさん)に仕え、光綱(光秀の父)も共に仕えたとされています。

光秀も仕えたとされますが、幼少のためか記録は殆どないようです。

スポンサーリンク






齋藤道三の美濃平定

どのように土岐家から齋藤道三に美濃国主が変わったのか簡単に記載します。

美濃のマムシと言われる齋藤道三は、美濃守護家・土岐氏の家臣として仕えていました。

当時の土岐家当主は、土岐政房(とき まさふさ)といい、溺愛する次男・土岐 頼芸(とき よりあき/ よりなり)を次期当主に据えるため、齋藤道三の父(松波 庄五郎<まつなみ しょうごろう>)らと共に頼芸を推します。

一方の兄・土岐 頼武(とき よりたけ)は、守護代の支持を受け、頼武と頼芸との間に家督相続が起きます。

頼武と頼芸との間で何度も合戦になり、朝倉氏、六角氏、織田氏を巻き込む戦火となり、やがて、兄・ 頼武が病没し、次男・頼芸は兄の嫡男・頼純(よりずみ)と対立するようになります。

頼芸は、重臣の齋藤道三の父らが亡くなり、齋藤道三を重宝し信頼するようになったと伝わります。

しかし、斎藤道三が頼芸の弟・頼満を殺害する事件が起こり、頼芸と道三が対立するようになります。

後に、朝倉孝景(あさくら たかかげ)、織田信秀(おだ のぶひで)(信長の父)、六角定頼(ろっかく さだより)、室町幕府の働きかけにより、次男・頼芸(とき よりあき/ よりなり)、兄の子・頼純(よりずみ)、道三との間で和議が成立します。

そして、頼純が美濃守護職に就任しますが、守護になって約一年後に、24歳の若さで急死します。

齋藤道三に殺害されたものと推測されるそうです。

その後、齋藤道三は次男・頼芸の居城である大桑(おおが)城を攻め、頼芸とその子頼次尾張へ追放して、国主の座を乗っ取ることの成功しました。

 

齋藤道三に仕える明智家

明智光継(光秀の祖父)は、国主が道三になると従い、光継(光秀の祖父)は、娘の小見の方(おみのかた / こみのかた)を、人質として道三へ差し出しています。

その後小見の方は、道三の正室となって、後の織田信長の正室である濃姫を産むことになります。

光秀にとって齋藤道三は、叔母(小見の方)を通して義叔父ということになります。

また、齋藤道三は光秀を一目見て「彦太郎(光秀)は万人の将となる人相を持っている」と述べたとするエピソードがあるそうですが、出典元は不明です。

出典元は逸話かもしれません。

スポンサーリンク






明智家離散

後に、齋藤道三と息子の齋藤義龍 (よしたつ)が対立し、戦になり道三は敗れて戦死します。

齋藤義龍

齋藤 義龍

道三側であった光綱(光秀の父)は、義龍に居城の美濃明智城を攻められ討死したも伝わりますが、真偽は不明です。

いずれにせよ、光秀の父は光秀が幼い頃に亡くなったとされ、明智光継(光秀の祖父)の三男・明智 光安(あけち みつやす)が光秀の後見を務めたとされます。

そして、この戦で明智一族は離散したと伝わります。

 

齋藤道三は、とてもずる賢く土岐氏を追い落としています。

明智家としては、主家を追いやった齋藤道三に仕え、親戚にもなるという…。

本当は、親戚になりたくないでしょうし、仕えたくもないと思いますが、どのような気持ちだったのでしょうか…。

光秀の出生地や母についてはこちらに記しています。

👇

明智光秀の出生地と光秀の母について

スポンサーリンク






参考・引用・出典一覧

 

戦国時代ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村