石田三成の現在の子孫

石田三成の子孫の現在、現代についての記事です。

現在の子孫と、既に亡くなった方も現代の子孫として掲載しています。

石田三成の子孫で有名人がいるのかも記しています。

目次

石田三成の現在の子孫で芸能人、有名人

芸能人で石田三成の子孫はいません。

本人が語っていない、本人が知らない可能性はあるかもしれません。

また、有名人の子孫で三菱財閥の創業者の家系に三成の子孫が繋がります。

三成三女の所に記載していますので、良ければご覧ください。

そして、今上天皇へ繋がる家系もあり、三成の次女のところへ記しています。

また、著書を出している子孫は紹介していますが、インタビュー等に応えていても一般人の子孫は掲載していません。

石田三成次女の現在の子孫

 

三成の次女の子孫は、大奥の実力者である春日局の縁により大いに広がります。

春日局の義理の姪に祖心尼(そしんに)という方いますが、三成の曾孫・お振りの方の祖母です。

春日局

春日局の肖像画

その関係で、お振りの方は春日局の養女として大奥に入り、徳川家光の手が付き側室になります。

三成次女の系譜は、尾張徳川家藩主などに流れますが、現在の子孫では天皇家に血脈を伝えており、今上天皇(きんじょうてんのう)も三成の現在の子孫になります。

今上天皇の祖先として織田信長や徳川家康の話はご存知の方も多いかもしれませんが、実は石田三成も祖先の一人です。

詳細な系譜は別の記事に書いていますが、どのように石田三成の曾孫から天皇家へつながったのか、簡単に記します。

お振りの方と徳川家光の間に千代姫が生まれます。

その千代姫の孫に尾張徳川家4代藩主になった 徳川吉通(よしみち)がいます。

その徳川吉通(よしみち)の娘の徳川三千君を通じて、三成の血脈は、現在の皇室である今上天皇へとつながります。

詳細を記した記事は後ほど紹介させていただきます。

石田三成長男の現在の子孫

石田三成の長男(石田重家)は、関ヶ原の戦い後、出家し宗享(そうきょう)と称します。

出家していますので子孫はいないかと思われていましたが、子孫を称する方がいらっしゃるようです。

関ヶ原の戦い当時、妻は妊娠していたという説があります。

伝承の域を出ないため真偽は不明ですが、それ以外ないかもしれません。

三成の長男の妻は、徳川家康次男である結城秀康の庇護をうけ男子を出産したそうです。

その子の名前は、石田直重といい、結城秀康の長男である松平忠直の庇護をうけたそうです。

その後、妙高市(新潟県)の新田開発を命ぜられ定住したと伝わります。

結城秀康と石田三成の仲は良かったと伝わりますし、本当の話に思えますが、通説になっていません。

このように存在が疑問視されていますが、石田三成の長男の現在の子孫を名乗る方によると、15代目の子孫であると云います。

書籍で拝見したことはありますが、一般の方のようです。

 

松平忠直の肖像画

松平忠直の肖像画

 

<三成の子孫の現在・妙高ホテルの元経営者>

そして、その15代目の子孫の方と親戚かもわかりませんが、三成の長男の現在の子孫を称する方がいらっしゃいます。

三成長男の系譜から、現在の子孫である「石田館 妙高ホテルの元経営者」に繋がるそうです。

2013年に「石田三成の子孫が経営するホテルが破産」というニュースがありました。

石田三成の子孫の宿として大正時代に新潟県妙高温泉開湯から、2013年まで旅館業を営んだ老舗の温泉ホテルだったそうです。

スキーブームの頃、2億円を超える売り上げの時があったそうですが、スキーブームが終わり、日本経済の低迷などで経営環境が厳しくなり、業績の改善が見込めず破産してしまったそうです。

石田三成次男の現在の子孫

石田三成の次男である石田重成は、関ヶ原の戦い後、弘前(青森県)に落ち延びました。

弘前へ落ち延びた理由は、弘前藩主である津軽家の手助けがあった為です。

その後、杉山源吾と改名し、隠れるように暮らしながら、弘前藩に仕えます。

杉山源吾の嫡男である杉山吉成は、藩主の娘を正室に迎え、弘前藩家老職となります。

以降の杉山家当主は弘前藩の重臣として仕え幕末まで続いています。

明治時代に入ると、津軽に豊臣秀吉を祀った神社を再建したと伝わります。

 

<三成の子孫の現在・白川 亨氏>

2012年に亡くなってしまいましたが、三成次男の現代の子孫に三成の研究家でもあった白川亨(しらかわ とおる)氏がいらっしゃいます。

ご自身の著書の自己紹介に書かれていることですが、望月印刷会社の元代表取締役を務めていたそうです。

しかし後に代表権を返上し、退社後は石田三成の研究に専念したそうです。

研究を始めた当時は、石田三成は豊臣秀吉の腰巾着のような存在で、佞姦(ねいかん)の輩(はい)であると認識している人が多い時代だったようです。

研究をしそれは誤った姿とわかり、祖先の汚名を雪(そそ)ぎたいとの趣旨の記載が著書にありました。

白川 亨(とおる)氏は、石田三成の新の姿を知る為に、三成子孫宅から門外不出文書である由緒(ゆいしょ)を借り、各家の由緒を照らし合わせ、文献を調べ、ゆかりの地に赴き研究結果を本として出版します。

著書を発行した当時は、広がっていた三成像と違った為、大きな反響があったそうです。

この著書は真説と認められ現在に至っていることもありますが、通説となっていないことも多いです。

管理人も拝読していますが、執念と熱意を感じる力作だと思っています。

<三成の子孫の現在・佐賀郁郎氏>

佐賀郁郎氏も三成次男の現在の子孫だといいます。

そして、三成の研究をした方でもあります。

著書によると佐賀郁郎氏は、農協電算機機研究センター常務理事、農林放送事業団常務理事、日本有線放送電話協会会長を歴任されたそうです。

佐賀郁郎氏は兄から津軽に逃れた三成の子孫である旨を聞かされ、自らのルーツを探っていく経過を書かいた「石田三成と津軽の末裔」という本を出版されて筆者も所持しています。

石田三成三女の現代の子孫

石田三成の三女である辰姫は、関ケ原の戦いより前に北政所の養女になっていました。

三成と懇意にしていた津軽家との縁談を整え、弘前(ひろさき)2代目藩主・津軽信枚(のぶひら)に嫁ぎます。

そして辰姫が、3代目藩主・津軽信義(のぶよし)を生んだことで弘前藩主に三成の血脈が広がっていきます。

弘前藩では、3代目から10代目までの藩主は三成の血脈となりますが、詳細は三成の子孫のまとめに記しています。

津軽信義の肖像画

三成の孫・津軽信義

その後、養子を迎え弘前藩主直系としての三成の血脈は途絶えますが、弘前藩主から枝分かれし現代の有名な子孫へつながります。

 

北政所の養女として津軽家に降嫁した三成三女・辰姫の話はこちらです。


石田三成の三女・辰姫と子孫

その辰姫が生んだ子である弘前藩主3代目・津軽信義の記事はこちらです。

津軽信義とその子孫

 

<三菱財閥3代目総帥・岩崎久弥(ひさや)の妻>

さすが藩主の系譜というところでしょうか、現代の財閥や有名企業の経営者などへつながります。

三成の(玄孫<やしゃご/げんそん>)である弘前藩5代目藩主・津軽信寿( のぶひさ)の娘である於染(おそめ)は、上総飯野藩(かずさいいのはん)(現千葉)の第5代藩主である、 保科正寿( まさひさ)の正室になります。

その娘・於染と上総飯野藩第5代藩主・保科正寿との間にできた子供が、上総飯野藩第6代藩主・保科正富(まさとみ)です。

※側室腹ではありません。

その後、幕末まで藩主の子供が後を継ぎ、最後の藩主である保科正益(まさあり)(子爵)の娘である寧子(しずこ)から三菱財閥へ繋がります。

寧子(しずこ)は、岩崎弥太郎(いわさき やたろう)氏の長男である岩崎久弥(いわさき ひさや)氏に嫁いで3男3女に恵まれます。

岩崎弥太郎氏は、三菱財閥の創業者で初代総帥です。

 

<長男・彦弥太氏(ひこやた)>

三菱合資会社副社長、三菱財閥傘下の企業の取締役、三菱地所取締役などを歴任しました。

妻は、旧出羽国秋田藩主佐竹氏の分家である、佐竹義準男爵三女である操子です。

<息子の寛弥氏(ひろや)>

三菱本社副社長、戦後は三菱地所取締役を歴任しました。実子はいないそうです。

 

<次男・隆弥氏(たかや)>

三菱瓦斯会長、三菱製紙会長と相談役、小岩井農牧の会長を歴任したそうです。

妻は、元日本銀行総裁・池田成彬の長女である敏で、1男(岩崎東一氏)4女に恵まれます。

お子さんの詳細は不明です。

 

<三男・恒弥氏>

東京海上火災保険常務、小岩井農牧取締役などを歴任したそうです。

妻は海軍中将清河純一長女である勝代です。

 

<長女・美喜氏(みき)>

外務官僚である沢田廉三氏と結婚し、4人の子に恵まれます。

第二次世界大戦後に、アメリカ軍兵士などの連合国軍兵士と日本人女性の間に生まれ、両親からも見捨てられた混血孤児たちを救うため、エリザベス・サンダースホームを創設し、2000人近くの混血孤児を育て上げたそうです。

 

<次女・澄子氏>

伯爵である甘露寺受長(かんろじ おさなが)氏の弟である方房(現在の東海カーボンの監査役)に嫁ぎます。

甘露寺受長氏とは、大正天皇の御学友とのことです。

 

<三女・綾子氏>

福澤諭吉氏の孫・堅次氏に嫁ぎます。

流石の三菱財閥、華麗すぎる一族ですね。

三成の子孫の現在・石田多加幸氏

石田三成の次男・八郎の子孫という伝承があるそうですが、正室との間の子供でしたら名前が合いませんね。

側室との間の子供でないかとも考えられますが、現在は不明のようです。

伝承通り三成の子供の子孫だとしたら、現在の子孫ということになりますが…。

Wikipediaには名前が載っているようです。

石田多加幸氏は、写真家で「石田三成写真集」を出しているそうです。

又、石田三成のお墓は発掘され骨を接合し、顔が科学復元されているのですが、石田多加幸氏からの依頼で石膏復顔が行われたと伝わります。

1976年に「蘇った石田三成の顔」として発表されています。

 

石田三成の子供についてまとめた記事に、八郎についても少しだけ記載しています。

石田三成の正室・側室の子供~一覧~

三成の子孫の現在・栄川酒造の社長

石田三成の子孫との伝承があるそうですが、どの子供の子孫かはわかりません。

栄川(さかえがわ)酒造とは、福島県西会津町に蔵を構えるそうで、そこの社長も石田三成の現在の子孫とのことです。

私が所持する書籍には、その旨の記載はありませんが…。

ですが、2016年08月29日 の福島民友新聞(みんゆうNet)というネット上の新聞で、三成の子孫であると記載してあります。

石田與一左衛門重友という方が、初代とのことです。

大坂夏の陣の後、越後(新潟)に住んだ後に会津に移住したそうです。

また、会津の松平家(徳川一門)を憚り石田性から石川姓に改めたと伝わっているそうです。

そして、文化四年(1807)から酒屋となり、現在の社長で15代目とのことです。

また、三成の子孫という縁で「大吟醸 石田 治部少輔 三成」というお酒をだしています。

フルーティで上品なお酒で、すっきりとした味わいが特徴とのことで、福島県の清酒鑑評会で、2年連続金賞を受賞した人気商品だそうです。

年代的に石田與一左衛門重友は、三成の子か孫、もしくは曾孫?にあたると思いますが…初耳です。

もし、三成の子だとしたら、現在でも把握しきれていない側室の子供でしょうか。

いずれにせよ、伝承の域をでなそうに思いますが…。

三成の子孫の現在・澁谷理恵子氏

三成の現在の子孫とのことで「石田三成の末裔として育った」という本を出版されています。

その本の内容説明によると、澁谷家は、新潟県の三条市にあったそうで、三成の末娘の子孫だと云います。

大坂落城が落城する際、乳母に助けられ乳母の里を頼って越後の高田に落ち延び、三条の地に落ちに定着したそうです。

私は、こちらの本を所持していませんので、詳細はわかりませんが、大坂城落城が気になりますね。

大坂城落城とは、大坂夏の陣で落城した時だと思いますが、1615年のことです。

三成が亡くなったのは1600年ですから、「乳母に抱かれて」逃れたとも記載されていますが、年齢が合いませんね…。

三成の孫でしょうか。

単に佐和山城の落城と間違って伝わってしまったのかなとも思います。

ただ、この文章を読む限りでは、三成の正室との間の女児ではなさそうですね。

三成子孫によくある新潟県というのも興味深いですね。

なら、購入して読もうかとも思いますが…。

もしこれが事実だとしたら、新潟へは三成の長男の子供が匿われている伝承があるので、長男の子のことなのか、相馬藩(福島県)に側室の子供が匿われたそうなので、そのことなのか、全く別の側室の子供なのかという感じでしょうか。

三成次女の系譜が天皇家につながる詳細はこちらの記事に記載しています。

お振りの方とその子孫

石田三成の長男についてと伝承のある子供についての記事です。

石田重家と直重と子孫

三成の次男と次男の嫡男・杉山吉成の詳しい記事はこちらこちらです。

杉山源吾と名を変え生きた石田重成と子孫

かおりんのアイコン画像かおりん
今回は石田三成の現在の子孫について記しましましたが、その他の子孫について石田三成の子孫のまとめ記事はこちらです。

石田三成の子孫~一覧~

 

参考・引用・出典一覧

戦国時代ランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 石田三成氏のすべての家系図は無いのでしょうか?
    また、現在どこまでの家系図があるのか知りたいです。

    • こんにちは。

      三成の全ての家系図は、私は作っていません。

      敗軍の将なので難しい面がありますが、分かる範囲で個人で作っている人はいると思います。

      三成の子供別に書きますと。

      ・三成長男の子供は、通説ではいないことになっています。

      子孫を名乗る方はいらっしゃいますが、伝承の域を出ず、少なくても家系図は一般公開されていないと思います。

      ・三成の次男は、弘前藩主家老を務めた家は系譜が辿れます。

      こちらの子孫のまとめ記事に書いています。

      石田三成の子孫~一覧~

      ・三男は子供の頃に関ヶ原の戦いが起きて、出家しましたので、子供はいないという通説はあっていると思います。

      ・長女の家は、杉山源吾(三成の次男)の娘と偽った家系図があるそうですが、一般公開はされてないと思います。

      ・三成次女は、徳川家や天皇家につながる系譜は辿れます。

      こちらに書いています。

      お振りの方とその子孫

      ・三成三女は、弘前藩主の生母ですので、藩主の系譜が辿れます。

      詳しくは、三女の息子の記事に書きました。

      津軽信義とその子孫

      ひと昔前の有名な家は辿れる感じですね。

      現在、存命の方で子孫を名乗る方も、三成の本などにでていますが、誰の子孫という紹介で、詳しい系譜はわかりません。

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる