石田三成と皎月院(こうげついん)の間の6番目の子供は三男である佐吉(さきち)です。

詳細を書いていますので、簡潔に知りたい方用に、まとめ記事用意しています。

👇

石田三成の正室・側室の子供~まとめ編~

関ヶ原の戦い当時の佐吉と佐和山城落城

佐吉は関ヶ原の戦いの時、元服前でしたので幼名しか伝わっていません。

「佐吉」とは石田家の三男に付けられる幼名で、石田三成と同じ幼名です。

1594年頃に誕生し、関ヶ原の戦いの時は6歳であったと考えられます。

関ヶ原の戦いで、父・三成が敗北した頃、佐吉は佐和山城(さわやまじょう)にいました。

佐和山城は、徳川方に囲まれてしまいますが、三成の父・正継が主将となり、三成の兄・正澄などが奮戦していました。

徳川方からの申し込みにより、徳川家康に10年仕えた経験のある津田清幽(つだ きよふか/せいゆう)(当時は三成兄の家臣)が、徳川方から開城交渉に任命されて行いました。

徳川方は、正澄の自害の代わりに城兵や女・子供の助命を認め、翌日に城を引渡すと約束しました。

しかし、豊臣家から佐和山城に援軍にきていた長谷川守知(はせがわ もりとも)が裏切ります。(というより間者のようです)

そこに、呼応した小早川秀秋、脇坂安治(わきざかやすはる)、小川祐忠(すけただ)、(和平交渉の進展を知らなかったと伝わる)田中吉政が攻め入りました。

佐和山城は落城し、三成の兄・正澄、父・正継、三成のらは自害しました。

三成の兄についてはこちらの記事です。

👇

三成の兄・正澄

 

スポンサーリンク






津田清幽が佐吉を救う

この裏切り行為に怒った津田清幽は、脇坂安治の家臣・村瀬忠兵衛を捕らえました。

敵兵・村瀬忠兵衛を盾にして、佐吉ら総勢11人で堂々と落ち延びます

清幽はそのまま徳川家康の本陣に乗りこんで家康に対し、佐和山攻撃の不義を訴えて、佐吉を含め全員の助命が約束されます。

津田清幽は、とても勇気ある方に思えますね。

 

津田清幽は何者か

津田清幽を三成兄に斡旋したのは、徳川家康であると伝えられています。

石田三成研究家である白川亨氏によると、おそらく徳川方の目付として送り込んだのではないかと推測されています。

ですが、津田清幽は、石田方として奮戦し、立派に佐吉を守り抜きました

後に徳川家康は、清幽は二心はない人物であり、有事の時は清幽任せて疑わないようにという趣旨の話をし、

清幽も泣いて喜んだ話が伝わっています。

「目付」という推測はとても興味深く思えましたが、本当のところは、現在ではわかりません。

いずれにせよ、佐和山城落城時は三成兄の家臣として、職務を全うし、後の家康も称えています。

戦後は、徳川家康の命により、徳川義直に仕えています。

出家し深長坊清幽となる

そして佐吉は、出家を条件に助命されています。

津田清幽は、木食応其(もくじきおうご)(深覚坊応其<しんかくぼうおうご>とも称す)に佐吉を託し、高野山で出家させます。

その後、木食応其は佐吉に深長坊清幽(しんちょうぼうせいゆう)という法名を与えています。

津田清幽の「清幽」という字をもらい、「深長坊清幽」と名乗らせました。

津田清幽の恩義を忘れないようにとの意味が込められていると思います。

その後、木食応其は、甲斐(山梨県)にある河浦山薬王寺(かわうらやまやくおうじ、やくわうじ、やくわうぢ)に

深長坊清幽(佐吉)を託します。

その後、深長坊清幽は、河浦山薬王寺16世の住職になります。

そして、1676年9月8日に82歳で亡くなりました。

 

佐吉の子供の情報はありません。

幼い頃に出家していますので、お子さまはいないと思います。

現代の感覚で6歳と言えば、まだまだ親に甘えたい時期だと思います。

わずか6歳で多くの一族が自害してしまう経験をし、生き残った兄弟とは、後に会えた記録は見つかっていません。

何を思って生きたのでしょうか。

戦国の世の虚しさを感じますね。

参考・引用・出典一覧

スポンサーリンク







石田三成の子孫~徳川家光の側室・お振りの方~

石田三成の子供~三女 辰姫~

石田三成の子供~次男 石田重成~

石田三成の子供~長男 石田重家~

石田三成の子供~次女~

石田三成の子供~長女~

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

戦国時代ランキング