私自身、石田三成公のファンでありサイトを作ることにしました。

今回は石田三成公ゆかりの地である石田町についての話を交えながら、何故ファンなのかを自己紹介代わりに記載させていただきます。

 

石田三成生公誕の地石田町

Ishida-Mitsunari

出典:wikipedia

三成公は近江国坂田郡石田村(現在の滋賀県長浜市石田町)で産まれたと伝えられています。

石田三成公ゆかりの地を観光したい人にとって欠かせないスポットの一つではないでしょうか。

石田三成公出生地跡にある石田会館、石田三成公の先祖の五輪塔がある石田神社、石田三成誕生の際に使われたとされる産湯の井戸などがあります。

その他にも、石田三成の灯篭、関ヶ原で共に戦った西軍の武将の名と解説があったり、石田町には石田三成公で溢れています。

自宅から遠い為、石田町には2度しか訪れたことはありませんが、石田会館、石田神社共に地元の方に案内していただいたことがあり、

今でも石田三成公が大好きで、尊敬していることが伝わってきます。

 

石田町の方達の思いを知って

私自身、石田三成公に興味を持った理由は、この石田町のことを知ったことがきっかけでした。

10年以上前に石田町に偶然訪れた方のブログを拝見しました。

当時のブログはもう見れず、私の記憶の限りでは

①石田町のの人達は石田三成公が大好きであること。
②石田町の人達は、石田三成公を親しみを込めて「三成さん」と呼ぶこと。
③石田三成公を尊敬する余り石田町の道にはゴミ一つ落ちていなく神聖な雰囲気がする町であること。
④石田三成の世間で言われる悪い話は真実でないと悟ったということ。

という内容が記載せれていたように思います。

当時の私も、石田三成公に対し性格の悪そうな人というイメージがありましたので、

亡くなって400年以上も経過している元主を何故そんなに慕うのか、不思議に思い調べ出したことがきっかけでした。

 

石田三成、奸臣論は真実でなかった

現在の石田三成のイメージは、「秀吉の忠臣」、

「私利私欲のない有能で高潔な官僚」といったイメージを持つ方が多いでしょうか。

今でも悪く描かれることはありますが、10年位前は豊臣秀吉の腹黒い腰巾着で、千利休切腹事件、

蒲生氏郷毒殺事件、豊臣秀次切腹事件などの黒幕であり、

人望がない為関ヶ原合戦でも小早川秀秋などに裏切られたといった描かれかたが多かったように感じます。

ですが、現在では真実でないという見方が多くなり議論されることも殆どないように思います。

石田三成公のイメージが良くなった一つの転換点に感じているのは、

2009年1~11月に放送されたNHKの大河ドラマ「天地人」にて主役である直江兼続(妻夫木聡)の盟友として、

石田三成(小栗旬)が義に生きた知将として描かれたことにあるように思います。

私個人の意見としては、現代人に近い感覚を持った人で、真っすぐで不器用な人と感じます。

戦国の世にありながら他人を思いやることができる人で、当時から石田町の村人達に慕われていたようです。

調べる程に興味深い人に感じます。

歴史は勝者によってつくられると言いますので、敗者から見た歴史が面白いのかもしれません。

敗軍の将で資料も乏しく未だに謎の多い人でもありますが、プロフィール記載の書籍などを出典元に

まとめたり、ゆかりの地を紹介していきたいと思います。

 

因みにですが、元々写真を撮る習慣がなく今までの史跡巡りの写真は少ししかありません。

行けたら8月に写真と新しい情報を求めて石田町に出向きたいと願っています。

参考・引用・出典一覧

スポンサーリンク






三献茶と石田三成

石田会館と御朱印について

長浜市石田町にある石田神社

石田三成の子供~長女~

石田三成の子供~次女~

石田三成の子供~長男 石田重家~

石田三成の子供~次男 石田重成~

石田三成の子供~三女 辰姫~

 

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


戦国時代ランキング