スポンサーリンク







明智光秀唯一の肖像画は、大阪府岸和田市にある本徳寺(ほんとくじ)が所蔵しています。

明知光秀の肖像画

明智光秀

この光秀の肖像画を調べたところ、この肖像画はおそらく光秀の肖像画であろうという曖昧なものであることがわかりました。

何故光秀の肖像画であるとされるのか、その所以を記します。

 

本徳寺が所蔵する光秀の肖像画

光秀の肖像画を所蔵する本徳寺を開基(かいき)(創立すること)したのは南国梵桂(なんごく ぼんけい)であるとされ、一説には明智光秀の長男・明智光慶(あけち みつよし)又は明智光秀の子供であるとされています。

光秀の子供には本当に実在したかわからない人物もいますが、明智光慶の存在は当時の史料から確認できます。

明智光慶は本能寺の変の後に亡くなったとされていますが、実は生きたとの説があり、出家して妙心寺(みょうしんじ)の塔頭(たっちゅう)である瑞松院に住んで「玄琳<げんりん>」と名乗ったとされています。

このよく有り勝ちな、有名武将の亡くなったとされていた縁者が実は生きていたとする説ですですが、「瑞松院に住んでいた玄琳」が「明智光慶」であるかは断定できませんが、明智光秀の縁者である可能性はありそうに思います。

その理由として瑞松院は、江戸時代初期には光慶生母の実家である妻木氏が檀那(だんな)(特定の寺院に属してその経営を助ける)となっており、また玄琳の師は大心院(だいしんいん)(妙心寺の塔頭 )主・三英瑞省であるとされていますが、光秀の義理の息子である細川忠興(ただおき)が檀那(だんな)となっていたそうです。

細川忠興の肖像画

細川忠興

玄琳は光秀に近しい人に寺院の経営を助けてもらっていることから、光秀の縁者である可能性があるのではないかと推測できます。

その上玄琳は、「明智系図」を作成したと言われており、詳細が書かれているためこのことからも縁者である可能性が指摘されています。

また妙心寺には「明智風呂」と呼ばれる光秀ゆかりのお風呂があり、国の重要文化財になっています。

そして玄琳は、大本山妙心寺の末寺(まつじ)(本山の支配下にある寺院)である本徳寺を開基した僧・南国梵桂(なんごく ぼんけい)となり、父・光秀の肖像画と位牌(いはい)を作り供養したとも云われています。

光秀のものとされる肖像画には「雲道禅定門肖像賛」位牌の戒名は、「鳳岳院殿雲道大禅定門」と書いており、「」「」の字のなかに「光秀」という名前が隠れているので光秀の肖像画だとされている!?そうです。

この曖昧な理由で光秀の肖像画であると伝わっていることに驚きましたが…光秀の肖像画を描かせた住職の南国梵桂が光秀の子供(明智光慶)であるとする説もあるのでということのようです。

また本徳寺には、光秀の刀と茶壷(ちゃつぼ)も伝来し代々引き継いでいたそうですが、戦火でなくなってしまったそうです。

 

光秀の肖像画はいつもは非公開ですが、たまに一般公開されることがあるそうです。

実際にご覧になった人の話では、想像よりも小ぶりな肖像画であったと仰っていました。

本当に光秀の肖像画だろうかと思ってしまいますが…他に肖像画はありませんし確認のしようがありませんね。

スポンサーリンク






光秀の肖像がに記載された生存伝説

光秀の肖像画には「放下般舟三昧去」と書いてあるそうですが、「仏門に入り去っていった」という意味とのことです。

光秀は生き延びてこの寺で仏門に入った後に、寺を出ていったと読み取れるとされています。

また光秀の位牌の裏には「当寺開基慶長四己亥」と書いており、「慶長4年(1599年)に当寺を開基した」という意味になり、1599年に本徳寺を開基したのは光秀であるということになります。

関ヶ原の戦いの前年まで生きていたことになりますね…。

 

有名武将の落人伝説的な話は多くの武将にありますね。

亡くなったのは影武者であるそうです。

しかし光秀の亡骸は秀吉の手に渡っていおり、2人とも織田信長配下の武将で、顔見知りの同僚になります。

秀吉の周りにも光秀の顔を知っている武将が沢山いますし、亡骸が別人であれば気が付くと思うので生存説は難しいように思いますが…いかがでしょうか。

 

本徳寺へのアクセス

〒596-0055 大阪府岸和田市五軒屋町9-13

南海本線岸和田駅から徒歩8分

スポンサーリンク






光秀の肖像画を描かせた!?明智光慶とは?

先に述べたように明智光秀の肖像画を描かせたとされる南国梵桂(なんごく ぼんけい)は、明智光秀の長男である明智 光慶(あけち みつよし)である可能性があります。

明智 光慶とはどのような人物か記載されていただきます。

光慶は光秀と妻・煕子の間に産まれたとされ、十五郎、十兵衛とも云われています。

光秀が丹波国(たんばのくに)(京都府)・亀山城(かめやまじょう)を築城する頃に、歴史上に登場するものの目立った功績は不明とされています。

本能寺の変の直前の1582年5月28日、愛宕百韻(あたごひゃくいん)という連歌会にて、光慶が結句を詠んだとして名前が残っており、実在する人物ではあると見なされています。

 

愛宕百韻の連歌会についてはこちらの記事に記しています。

👇
明智光秀と土岐氏~「ときは今~」の連歌に込められた想いとは~

 

本能寺の変の前後の光慶については、亀山城にて本能寺の変の一報を聞き、そのまま病没したとする説と、父・光秀が討たれた後、近江国・坂本城(滋賀県大津市)にて豊臣秀吉方の攻撃を受けて、落城し自害したとする説があります。

先に述べた生存説は異説でありますが、あり得ない話ではないと思います。

光秀のように遺体が秀吉の手に渡っているわけではなく、光秀の重臣・齋藤三利(さいとう さんり)のように捕まり殺された記録も有りません。

坂本城落城時、城を守っていたのは光秀の娘婿とも従兄弟とも言われる明智 秀満(あけち ひでみつ)ですが、落城の際に光秀の子供を手にかけてから自害したと伝わります。

ですが亡くなったことにして、家名が絶えないように子供を落ち延びさせることは珍しいことではありません。

戦国時代に日本にいた宣教師であるルイス・フロイスが記した『日本史』によると、

「明智の二子は同所で死んだというが、長子は十三歳で、ヨーロッパの王侯とも見ゆるごとき優雅な人であった」

と記しており、坂本城落城の際に光秀の長男13歳が死んだ旨の記載がありますが、秀吉軍が到着する前に多数の者が城から逃げ出したことも記しているため、逃げるチャンスがあったことがうかがえます。

ルイス・フロイスの日本史

ルイス・フロイスの『日本史』

※ルイス・フロイスが記した『日本史』は、戦国時代の貴重な史料とされています。

またルイス・フロイスは、本能寺の変の直後に書いた『一五八二年日本年報追加』のなかで、光秀の子供について逃げた者もいる旨記載しているそうです。

また亡くなったのは、光慶ではなく自然丸(じねんまる)という弟ともう一人別の弟であるとする説もあり、光慶が生きていても不思議ではない話に思います。

 

事実が解明される日はくるのでしょうか。

もしも、光秀の肖像画でなかったとなれば、それこそこの肖像画は一体何なのか気になってしまいますね。

 

明智 光慶の生母で光秀の妻の記事はこちらです。

👇

明智光秀の妻・妻木 煕子(ひろこ)

 

スポンサーリンク






 

参考・引用・出典一覧

戦国時代ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村