明智光秀といえば、どのような性格の持ち主でしょうか。私は光秀といえば「実直な人」、「教養人」、「心優しい人」といったイメージがあります。

今回の記事は、光秀はどのような性格だったのか、光秀はいい人なのか悪い人なのか、当時の記録や出来事から考えたいと思います。

スポンサーリンク






史料からみる光秀の性格

光秀を知る当時の人、または江戸時代に書かれた史料から見える光秀の性格について見てみます。

◎『明智軍記』から見える光秀の性格

光秀の人物像が最も克明に記載されているいる史料は、『明智軍記』という江戸時代に成立した軍着物です。

信憑性に乏しいとされていますが、『明智軍記』での光秀像は鉄砲の名人であり、朝倉義景(あさくらよしかげ)や織田信長の信頼を受けていた軍師として描かれているそうです。

また、本能寺の変については、「信長の非道を正す為に正義の行いをした」と光秀を肯定するとうな描かれ方になっているそうです。

明知光秀の肖像画

明智光秀

◎『武功夜話』から見える光秀の性格

『武功夜話<ぶこうやわ>』(前野家文書)とは、織田信長存命の時からの秀吉の家臣である前野家に伝来した記録です。

『武功夜話』には、光秀は「忠誠心があり、信長の信頼も厚い人なのに、謀反を起こすとは人の心は分からないものだ」と記してあるそうで、当時の記録として貴重であると思います。

『武功夜話』では、いい人が信じられないという感じでしょうか。

※『武功夜話』は矛盾点等がある記録の為、信憑性に関しては専門家の間でも議論されています。

個人的には、人間が記したもので間違えがあるのは、当然でもありますし、貴重な史料だと思っています。

 

◎『細川家記』から見える光秀の性格

『細川家記』とは、戦国時代では細川幽斎(ゆうさい)や細川忠興(ただおき)などで有名な家であり、江戸時代には肥後(ひご)熊本藩主として栄え、現在も続く名家である細川家の記録です。

細川家は光秀の娘・細川ガラシャの嫁ぎ先でもありますが、ガラシャ岳父(義父)である細川幽斎の光秀の評価が残っています。

信長の命令で京都の亀山城(亀岡城)を落城させた時に、光秀が無益な殺生を避けたとして「慈悲深い人格者」と光秀を評価しているそうです。

 

光秀がどんな性格なのか知りたくても、実は、光秀の記録はあまり残っていません。

それは敗者側の人間だからだと思います。

一方の細川家は勝者側ですので、細川家の記録は残っています。

ですが、世を憚ったのか光秀の記録は信憑性の低い史料から転記するなどしていて、真実の光秀像が見えにくいそうです。

『細川家記』も光秀に関しては、どこまで信頼できるのかわかりませんが、光秀の性格が悪かったのに、性格がいい人のような「慈悲深い人格者」と持ち上げる理由もありませんので、この記録は本心ではないかと思っています。

 

◎『日本史』から見える光秀の性格

当時、日本にいたイエズス会の宣教師であるルイス・フロイスの書いた『日本史』には、何と書いてあるか簡単に記します。

ルイス・フロイスの日本史

『日本史』

光秀は、狡猾(こうかつ)で残忍な性格の持ち主であり、「人を欺く72の方法を知っている」などと吹聴して周囲から嫌われていたそうですが、特技の嘘泣きを駆使して信長だけには功名に取り入っていたなど、かなり性格が悪く書かれています。

この光秀像は国内史料にはなく『日本史』独特であります。

また、『日本史』では光秀のイエズス会に対する対応として「冷淡であるばかりか悪意を持っていた」と記してあるので、個人的な悪い感情が反映されているのではないかと思います。

光秀はキリシタンに危害を加えた記録はないものの、キリスト教に冷淡であったようで、宣教師にとっては邪魔な存在であったと推測できますので、仮に光秀の性格が悪かったとしても言い過ぎている部分があるように思います。

 

このように史料から見える光秀は、『明智軍記』、『武功夜話』、『細川家記』は光秀を性格のいい人として、『日本史』は性格の悪い人として描かれています。

私のイメージは、性格のいい人として描かれた方ですが、皆さまはいかがでしょうか。

スポンサーリンク






光秀は悪い人を伝えるエピソード

信長の残虐さを表すエピソードとして語られるものの一つに「比叡山延暦寺<ひえいざんえんりゃくじ>焼き討ち」があります。

信長と対立したために、僧俗・児童・智者・上人などの多くの人が焼き殺された凄惨な出来事です。

従来、実行したのは光秀であるものの、比叡山延暦寺の焼き討ちに反対で、主君である信長を強く諫(いさ)めたとされていました。

ですが1979年に、光秀が近江の雄琴(おごと)城主・和田秀純に宛てた書状が発見され、そこには比叡山延暦寺の焼き討ちに関して、「仰木の事は、是非ともなでぎりに仕るべく候」と記されていました。

「何としても、比叡山延暦寺を皆殺しにしなくてはならない」という意味になり、今までのイメージとは全然違う光秀像が垣間見え、現在では焼き討ちの中心人物であったとされています。

この世のものとは思えない光景だったとされる出来事の中心的な実行者として、残忍な一面があるのかもしれませんし、冷淡になれない戦国武将はあまりいないのでは…とも思います。

残酷な面があるという意味では悪い人となるかもしれませんね…。

スポンサーリンク






家臣、領民、妻想いな性格

『老人雑話<ろうじんざつわ>』という随筆に、光秀がいい人ではないかと思わせる光秀の言葉が記されています。

「仏や武士の嘘は許されて、百姓だけ処罰を受けるのはおかしい、百姓の年貢をごまかした嘘など可愛いもの」と話したとする記載があるとされています。

この随筆は全てが真実ではないとされていますので、この光秀の領民想いな性格が垣間見える話も真偽は不明ですが、光秀が治めた丹波の地で善政を敷いたとして、今でも光秀を慕っており、光秀はいい人だったのかなと思わせるエピソードも残っています。

 

また光秀は、亡くなった光秀配下の兵士の供養をしたり、負傷した家臣を見舞ったりしている痕跡が残されています。

この時代、家臣にこのように心を配る主は珍しかったといいます。

光秀は、やはり根はいい人なのかもしれません。

 

また、光秀の性格がいい人だとする話で、よく紹介されるのは、光秀の煕子(ひろこ)とのエピソードではないでしょうか。

光秀と煕子が婚約時代に、煕子が疱瘡(ほうそう)にかかり、顔に痘痕(あばた)が残ってしまいます。

醜い顔になってしまったと煕子が思い、煕子の父の提案で光秀と結婚するのは、煕子の妹にすることを受け入れますが、光秀が見た目より心が大切だといい煕子を嫁に貰ったとする美談です。

そして後年、煕子も光秀の想いに応え、光秀が困窮していた頃に自身の自慢の髪の毛を売って、お金を工面したという内助の功も伝わっています。

しかし、この煕子との話は、創作である可能性が高いとされており、光秀がいい人である傍証にはならなそうですが、夫婦仲が良かったのは史実のようです。

詳しくはこちらの記事に記載しています。

明智光秀の妻・妻木 煕子(ひろこ)

 

筆者の所感

現代でも同じ人の評判を聞く相手が違えば、全然違う反応が返ってきたりします。

相手の立場によっても見え方が違うでしょうし、当時の人達の言葉を見ても光秀の性格の断定は難しいですね。

私は、なんとなくですが、光秀の性格はいい人であったと感じています。

理由の一つは、光秀の治めていた土地で現在も光秀が慕われてることです。

当然長い歴史の中で、光秀以外にもその地を治めていた領主はいるのに、一番に光秀を慕っているように思うからです。

敗者側である光秀は、良い事実は消されて私たちは知らなかったり、事実でない悪い噂を流されたりしているのではないかと思います。

それでも、それだけ慕われているということは、それだけ善政を敷いていたということだと思います。

民主主義でない時代にあって、領民にそこまで慕われるのは、よほど良い領主であったのではないかと思います。

 

光秀の遺徳を今に伝えている、光秀の領地であった丹波国と光秀については、こちらの記事に記載しています。

明智光秀が丹波の地で慕われる理由

スポンサーリンク






参考・引用・出典一覧

 

戦国時代ランキング

 

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村