麒麟がくる36話あらすじ【ネタバレ】三条西実澄との出会いと信玄の進撃

2020年12月13日に放送予定の麒麟がくる36話のあらすじ、ネタバレを書いています。

光秀は、三条西実澄のお供として御所へ参じます。

坂本城主になるにあたり、煕子らを人質として要求する足利義昭に怒りを抑えきれない光秀。

松永久秀の離反や武田信玄の西上作戦など、麒麟がくるは佳境にさしかかります。

目次

三条西実澄のお供として御所へ参じる

摂津晴門(片岡鶴太郎さん)ら幕府を蝕んでいた諸悪の根源は、駆逐されました。

その分、明智光秀(十兵衛)(長谷川博己さん)の荷は重くなり、光秀自身、進むべき道にも迷いが生じていました。

織田信長は天皇を崇拝していますが、光秀の信念は将軍の下に武士が集い、太平の世を築くというものです。

正親町天皇(坂東玉三郎さん)とはどの様な人物か、伊呂波太夫(尾野真千子さん)に尋ねます。

すると、伊呂波太夫は、正親町天皇の信頼を得ている三条西実澄(さんじょうにしさねずみ)(石橋蓮司さん)に会わせてくれると言います。

三条西実澄は、風変わりな公卿で、和歌や古典に通じ『古今和歌集』を極めた三条西家の当主です。

和歌に精通している光秀を気に入った三条西実澄は、後日、光秀に御所へ参じる機会を与えます。

京都御所

京都御所

無位無官の光秀は、昇殿が許される身分ではありませんので、三条西実澄の御用人に扮して天皇の御座す小御所へ向かうことになりました。

明智光秀は公家がかぶる立烏帽子(たてえぼし)、公家が着用する狩衣(かりぎぬ)を身にまとって御所に踏み込みます。

光秀は、じかに尊顔を拝することはできなかったものの、天皇の言葉が心に響いていました。

藤吉郎、柴田、佐久間が光秀に相談する

館に戻った光秀のもとへ、木下藤吉郎(佐々木蔵之介さん)、柴田勝家(安藤政信さん)、佐久間信盛(金子ノブアキさん)が訪ねてきました。

明智光秀が察した通り戦の話で、大和の松永久秀(吉田鋼太郎さん)と筒井順慶(駿河太郎さん)の間で戦になり、河内にも飛び火していると言います。

その件で、光秀も信長(染谷将太さん)から出陣を命じられています。

柴田勝家が言うには、足利義昭(滝藤賢一さん)の厳命により出陣するものの、信長は気が重いようです。

足利義昭は、筒井順慶びいきの上、兄・足利義輝(向井理さん)を亡き者にした事件に松永久秀が関わっていると思い込んでいるようです。

なので、戦支度を催促したり、松永の首を取れと発破を掛けたりしているのだと言います。

木下藤吉郎は、すっかりお酒に酔っていて、義昭は油断できない、大和と河内に織田軍を派兵した隙をついて、朝倉に攻めさせるつもりだと騒ぎ立てます。

そして柴田勝家や佐久間信盛に、手ぬるい、甘いなどと言い絡んでいるのです。

藤吉郎は、明日、近江に戻り浅井長政(金井浩人さん)を討つ計画を立てると言うと、ふらりと立ち上がり去っていきました。

剣術の指南を受ける義昭

二条城では、剣術の指南を受ける足利義昭の姿がありました。

二条城に参じた光秀は、戦嫌いだった義昭が剣術を学んでいることに驚きます。

上達したのだと言う義昭は、光秀に手合わせを求めてきます。

足利義昭と光秀の力の差は明白であり、三淵藤英(谷原章介さん)が、やんわりと制止しますが聞き入れません。

明智光秀は止むを得ず庭へおり、義昭の木刀を軽くかわしていますが、義昭はむきになり、がむしゃらに打ちかかってきます。

足利義昭は髪を振り乱し、肩を上げ下げしながら苦しそうに息をし、足はフラフラで、まるで幽霊のようです。

将軍としては頼りない義昭ですが、以前の義昭は誇りと尊厳がありました。

光秀は、何かが崩れるような感覚に陥っていました。

坂本城を煕子に見せる

数日後、光秀は煕子(木村文乃さん)を伴い、坂本城を見に近江にやってきました。

築城途中でしたが、真っ先に見せたいと思った為です。

坂本城本丸跡の碑石

坂本城本丸跡の碑石

美濃の明智城を追われて以降、ようやく城主になるのに、煕子と子供達には人質として京に滞在したもらうことになっています。

明智城本丸跡の碑石

明智城本丸跡の碑石

光秀は義昭に対する怒りが抑えられずにいました。

坂本城のある近江は、義昭のいる京と信長の拠点である美濃の中間にあたる場所です。

煕子は光秀の気持ちを察しているかのように、どちらに心惹かれているかと聞いてきます。

光秀は苦悩した表情で、この城のように堂々と立ち続けていたいが、先のことが見えないと答えます。

かおりんのアイコン画像かおりん
大河ドラマはU-NEXTで視聴できます



大河ドラマ【麒麟がくる】の見逃し配信をお得に見る方法

久秀の離反と信玄の西上作戦

ついに松永久秀は、信長に対する敵意を示し、三好勢に接近します。

元亀3年(1572年)春、松永久秀と三好勢を討つ為、幕府と織田は連合軍を編成し、河内に進軍しました。

しかし、信長自身は出陣せず、松永久秀を取り逃すなど、成果はほとんど得られませんでした。

この戦を甲斐の武田信玄(石橋凌さん)が、虎視眈々と見ていました。

織田信長と足利義昭の歩調が揃っていません。

同年10月、時が満ちたと判断した信玄は、京を目掛けて侵攻を開始しました。

 

その頃、光秀は信長に呼ばれ、岐阜城に参じていました。

岐阜城(稲葉山城)

岐阜城(稲葉山城)

信長は、義昭に17条の意見書を送付したことを後悔していました。

義昭の将軍としての行いを批判した痛烈な内容です。

義昭の仕返しを恐れた信長は、鵠(くぐい)(白鳥)を贈って、ご機嫌を取ろうと考えていますが、他にも気を遣うべきことがあります。

武田信玄の進撃を受ける徳川家康に、もっと援軍を送って欲しいと光秀は懇願します。

ですが、信長はこれ以上の兵は割けないと言い、承知してくれません。

信長は義昭を信用してなく、武田、朝倉、浅井に上洛を促しているのは、自分を駆逐する為ではないかと疑っています。

そう話していると、若武者が急ぎかけて来ました。

遠江の三ケ原にて、徳川・織田連合軍が、武田軍に惨敗したとの知らせでした。

戦国時代ランキング

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる