松永久秀の三悪とは何か悪行について解説します 

明智光秀
松永 久秀

『常山紀談』によると織田信長は松永久秀のことを、「この老人は、天下に名を轟かす三つの悪事を犯した」と久秀の紹介をしたという逸話が残っています。 この悪行は「松永久秀の三悪」とも云われていますが、悪行が多いと云われる久秀は、斎藤道三や宇喜多直家と並んで戦国時代の悪者として語られることがあります。 久秀は一体どのような悪行を行い、悪者の代名詞のように語られることになったのでしょうか。

織田信長の母・土田御前はどんな人

明智光秀
土田御前の像

土田御前は、織田信長の母です。 あまり歴史上に登場することのない土田御前ですが、信長と弟の信勝(信行)が争った際に、両者の母である土田御前が仲裁した話は有名です。 土田御前は謎に包まれた人物ですが、どんな人であったか土田御前の生涯を分かる範囲で書いてあります。

辻利「宇治お濃い抹茶ラテ」の感想、カロリー、賞味期限

グルメ、お土産
辻利の宇治お濃い抹茶ラテの箱の中

江戸時代から続く老舗茶屋・辻利から「宇治お濃い抹茶ラテ 」というインスタントティーが販売されています。 粉末タイプなので、お湯を注ぐだけでできるという手軽な抹茶ラテです。 今回は、「辻利」の歴史と「宇治お濃い抹茶ラテ」の感想やカロリー、賞味期限などを記載しています。

斎藤義龍の生涯と父・斎藤道三との関係

明智光秀
斎藤義龍

斎藤義龍は、美濃の戦国大名・斎藤道三の長男として生まれ、後に家督を譲られたと云います。 しかし後に父・道三と対立し、義龍は道三の寵愛を受けていた弟達を滅ぼし、道三も長良川の戦いで滅ぼします。 父・道三との対立の裏には、一説には義龍の実父が土岐頼芸だからとする説もあります。

斎藤道三と織田信長の関係や逸話

明智光秀
斎藤道三の肖像画 

斎藤道三と織田信長は父と婿の関係です。 若い頃の信長は、周りから「うつけ者」と呼ばれ、その噂は隣国にいる道三の耳にも届いていたと云われています。 しかし、正徳寺にて信長と対面した道三は信長の才能を見抜き、後に美濃国を託す遺言まで残しました。

斎藤道三が美濃のマムシといわれる理由

明智光秀
斎藤道三の肖像画 

斎藤道三といえば、美濃の守護大名・土岐氏の家臣でしたが、土岐氏を追放して美濃の国主の座に就きます。 斎藤道三は美濃のマムシという異名を持ちますが、その理由は下剋上を象徴するような生き様をした為だと云われています。 マムシといわれる程の出来事とは何か、美濃のマムシ誕生の理由を書いています。

土岐頼芸と子孫~鷹の絵が得意だった土岐洞文~

明智光秀
源頼光の肖像画切り抜き

土岐頼芸といえば、斎藤道三の下剋上により美濃守護の座から追い落とされた人物です。 土岐頼芸は道三だけでなく、兄の土岐頼武,や甥の土岐頼純とも対立し、美濃は戦火に包まれました。 波乱万丈な一方で、鷹の絵を描く才能があったと云われて、文に秀でた武将としても知られている頼芸についての記事です。

濃姫(帰蝶)の墓と伝わる遺髪塚 

観光
濃姫遺髪塚の碑石

濃姫(帰蝶)に縁深い美濃国・岐阜県に、濃姫(帰蝶)のお墓との伝承がある「濃姫遺髪塚」があります。 濃姫(帰蝶)のお墓は、戦火に遭い墓石が焼失してしまいますが、地元の方々に大切に守られてきました。 またお墓のある西野不動には、濃姫が美人に描かれた肖像画もあるといわれています。 西野不動の「濃姫遺髪塚」について記載しています。

濃姫(帰蝶)の名で知られる信長の正室の生涯と逸話

明智光秀
織田信長と濃姫(帰蝶)の銅像

織田信長の正室として知られている濃姫(帰蝶)ですが、信長の正室にもかからわず記録があまりありません。 そのため、濃姫(帰蝶)と信長は仲睦まじかったのかや、信長に嫁いだ後はどうなったのかなど多くの憶測などもあります。 謎に包まれた濃姫(帰蝶)の生涯と逸話についての記事です。

ページの先頭へ