「2019年10月」の記事一覧

石田三成の兄・石田正澄と子孫

石田三成
大徳寺の三玄院

石田三成には、石田正澄という名前の兄がいます。 石田三成は聞いたことがあっても、石田正澄は知らないという方も多いのではないかと思います。 また正澄は、弟の七光りで出世したとも囁かれますが、実際のところどうだったのでしょうか。 今回は、石田正澄と正澄の子孫の記事です。

石田三成の子孫~一覧~

子孫
津軽信寿

石田三成には多くの子孫がいます。 石田三成の子孫でありながら、藩主や家老になったり、徳川家と縁組もしています。 意外な子孫も多くいて、お好きな方なら興味深いのではないかと思います。

石田三成の子孫の現在

子孫
kikunomon

石田三成の子孫の現在、現代についての記事です。 現在の子孫と、既に亡くなった方も現代の子孫として掲載しています。 石田三成の子孫で有名人がいるのかも記しています。

お振りの方とその子孫

子孫
葵の紋

徳川家光の初めての側室と云われているお振りの方をご存知でしょうか。 このお振りの方ですが、石田三成の曾孫であると云われています。 石田三成の曾孫でありながら、家光の側室となった経緯やお振りの方の生涯についての記事です。

石田三成の正室・側室の子供~一覧~

子孫
大一大万大吉の旗

石田三成と正室との子供は、3男3女いると伝わっています。 石田三成と側室との間の子供は、全貌は明らかになっていませんが、複数人いるそうです。 この記事では複数人いる石田三成の子供を、正室の子供と側室の子供に分けて一覧にしています。

石田三成の三女・辰姫と子孫

子孫
弘前城

石田三成の三女は辰姫です。 辰姫は三成の子供でありながら、弘前藩主に降嫁し、三代目藩主の生母になります。 辰姫の降嫁までの過程など辰姫の生涯や、辰姫の子孫についての記事です。

杉山源吾と名を変え生きた石田重成と子孫

子孫
宗徳寺

石田三成の次男は石田重成といいます。 石田重成は関ケ原の戦い後、弘前に落ち延び杉山源吾と名を変え弘前で生き延びました。 重成は何故、弘前へ向かったのかや、杉山源吾と改名した後のこと、子孫のことを記しています。

石田重家と直重と子孫

子孫
京都の妙心寺寿聖院

石田三成の嫡男は、石田重家といい正室との間の子では三番目に生まれた子供です。 石田三成の嫡男ともなれば残酷な運命が待っていそうなイメージがあるかもしれません。 しかし石田重家は、助命され天寿を全うします。 重家が生き延びた過程や重家の生涯についての記事です。

石田三成次女・小石殿と夫・岡重政

子孫
大一大万大吉の印

石田三成と正室である皎月院との間に生まれた二人目の子供は次女です。 次女の名前は伝わっていませんが「小石殿」と呼ばれていたそうです。 小石殿は、関ケ原の戦いより前に、蒲生家の家臣である岡重政に嫁いでいます。 今回の記事は、小石殿と岡重政についての記事です。

ページの先頭へ