岐阜県可児市にある「かまど本店」でランチしました。

総合的に考えて、可児市でランチするなら「かまど本店」はおススメできるなと思っています。

今回の記事では、「かまど本店」のおススメ理由と食べたご飯などの感想について記します。

スポンサーリンク






可児市「かまど本店」のランチがおススメな理由

観光で岐阜県可児市まで来ましたが、可児市はランチできるお店が少ないですね。

可児市で口コミが良かった「かまど本店」でランチすることに決めました。

店内に入ると、個室にはなっていませんが、仕切りがあるので、他の方から見えにくくなっていました。

席に着くとメニューを注文します。

アットホームな雰囲気があり、掘りごたつなので足も疲れません。(座敷もあるそうです)

「かまど本店」のメニュー

 

 

ランチはメインメニュー、サブメニュー、ドリンクを一つずつ選択できるようになっていて税込み1000円はお手頃だなと思います。

追加料金200円でデザートを追加したり、サブメニューを二つにしたりと自由に組み合わせができます。

「かまど本店」はお米が美味しいと思いますが、その美味しいご飯もおかわりできる点もおススメな理由の一つです。

そして、その他のおススメポイントは、店員の方が明るくて元気があり、接客態度も良いところです。

また、夜は居酒屋になるそうですが、ランチは子連れでもいきやすい所も良いですね。

最大200名の宴会ができるという広さで、平日にもかかわらず混んでいましたので、地元でも人気のお店ではないかなと思いました。

それでは、注文したメニューを紹介させていただきます。

スポンサーリンク






丼ランチ

 

「かまど本店」の丼ランチ

私は丼ランチを注文しました。

丼ランチは、そばorうどん付きで、うどんを選びました。

サブメニューは、デザートの名物「茶っきりいも娘」にしました。

「かまど本店」の茶っきりいも娘

 

肝心のどんぶりですが、魚の切り身は一切れづつです。

上の写真二つにドリンクがついて1000円というコスパですので、魚介タップリ丼というわけにはいきませんけど、魚の鮮度が凄く良かったというわけでもありませんが、サラダもついて中々満足のランチでした。

うどんは子供にあげたので味はわかりませんが、一番美味しかったのは、「茶っきりいも娘」という名物のデザートです。

甘くて美味しいスイートポテトのようなお芋の上に抹茶アイスが乗っています。

お芋は温かくて、アイスは冷たいといった食感も楽しめます。

 

もつ鍋ランチ

「かまど本店」のもつ鍋ランチ主人はメインメニューにもつ鍋ランチ、サブメニューはお刺身にして、ドリンクもついていました。

もつが食べたくて注文したそうですが、肝心のもつがまずかったそうです…。

もつが硬くて切れなかったり、脂身が多すぎたりと美味しくなかったそうで、もつを残したら、もやし野菜タップリ鍋になってしまったそうです。

「かまど本店」のご飯は、口コミでも美味しいと仰る意見が多かったですが、たまたま美味しくなかったのか、ハズレメニューだったのか?ですが、笑顔が良いと接客に満足してました。

また、もつ鍋の横にある小さな小鉢は、全てのランチについている「とろとろ豆腐」です。

岩塩がより豆腐の旨味を引き出してくれる人気メニューとのことです。

スポンサーリンク






お子様ランチ

「かまど本店」のお子様ランチ

 

3歳の子供は、お子様ランチ480円(税込み)を食べました。

ふりかけご飯、エビフライ、唐揚げ、ハンバーグ、オムレツ、ポテトフライ、ポテトサラダ、ゼリーという内容で子供が好きそうなメニューばかりでした。

見覚えのあるスコップやヒトデがあると思いましたが、我が家でも使っているお砂場遊びの道具でした。

お砂場遊びの道具が食器とは、思いつかなかったですね。

面白い発想だと思いました。

そして、お子様ランチを注文した子供には、帰り際にお菓子が貰えます

駄菓子屋で数十円で売ってそうなお菓子でした。

「かまど本店」のお店の外の様子

 

 

可児市「かまど本店」の基本情報

定休日:無休

営業時間:月~土11:30~14:00、17:00~23:00

営業時間:日11:30~14:00、16:30~22:00

電話番号:0574-61-3550

住所:〒509-0203 岐阜県可児市下恵土526−1

駐車場:有 100台

可児市立今渡南小学校より東へ約100m

※現時点の情報です

 

今回、可児市に来た理由は明智光秀の出生地とも云われており、光秀ゆかりの場所が多いので観光するためです。

可児市の明智光秀ゆかりの地についての記事はこちらです。

可児市瀬田・天龍寺の見どころと明智光秀

 

戦国時代ランキング

 

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村