京都で人気の伊藤久右衛門に、新たに茶房(さぼう)(喫茶店)が併設された祇園四条店が開店しました。

祇園四条店の茶房に行き、こだわりの宇治抹茶を使用した「抹茶そば」や、「宇治抹茶カレーうどん」などを食べてきました。

京都の伊藤久右衛門のこだわりの抹茶の味と、祇園四条店の茶房についての記事です。

スポンサーリンク






伊藤久右衛門の歴史

伊藤久右衛門(いとうきゅうえもん)の歴史は古く、今から187年前の1832年(天保3年)にまで遡ります。

1832年に伊藤常右衛門(いとうつねえもん)が、茶業に携わったのがきっかけとなり創業したと伝わります。

1832年とはどのような時代かというと、江戸時代中期から後期になり、時の将軍は第11代・徳川 家斉(とくがわ いえなり)の時代です。

そしてずっと後になりますが、終戦の約7年後である1952年(昭和27年) に、五代目・伊藤久三が会社を設立し、現在の平等院表参道に宇治茶販売店舗を開店させます。

その時に、五代目の名前の「久」の一文字をとって、会社名を「株式会社 伊藤久右衛門本店」としたそうです。

抹茶で有名な伊藤久右衛門は、上質な茶葉にこだわり、高級銘茶として知られている宇治の農家の「手摘み一番茶」を使用しているそうです。

宇治茶の美しい色、香り、味わいを生かし、現在では宇治茶、抹茶の甘味、茶そば、抹茶を使った酒類、宇治抹茶カレーなどを販売しています。

伊藤久右衛門の京都・祇園四条店の茶房

2019年8月7日(水)に開店した伊藤久右衛門の祇園四条店の茶房(喫茶店)に行ってきました。

私が行ったのは開店から丁度1ヶ月後くらいでした。

伊藤久右衛門は、茶房無しでお土産の販売のみの店舗もあります。

茶房を併設した店舗は、宇治本店とJR宇治駅前店のみでしたが、宇治以外の地で初めて茶房併設の店舗ができました。

祇園四条店は、3階建てになりますが、1階はお土産屋、2、3階が茶房とのことです。

私は平日11時の開店で2階の茶房へ行きましたが、私たちを入れて3組しかいませんでした。

伊藤久右衛門といえば、土日などは1時間待ちも珍しくない人気店、平日の11時ということもあると思いますが、新店のため認知されていなくて穴場だったのかもしれません。

パフェが有名なお店なので、昼時でしたが私たち以外はパフェを召し上がっていました。

祇園四条店限定の「特選祇園パフェ」を召し上がっていたのかなと思います。

スポンサーリンク






抹茶そば(温)・かやくご飯・ミニパフェセット

抹茶そば(温)・かやくご飯・ミニパフェセット

 

 

 

 

私が食べたのは、温かい「抹茶そば」にかやくご飯、ミニパフェがついた1,480円(税込)のセットです。

写真に撮り忘れましたが、温かい番茶が付いていました。

冷茶の時もあるそうです。

抹茶そばは、そばの出汁が美味しいですが、抹茶感は少なく、かすかに香るくらいです。

手毬麩が 可愛らしさを添えていますね。

その他の具は、ネギ、海苔、エノキ、揚げ玉で京都によくある昆布と鰹の上品な美味しさのスープでした。

京都らしい湯葉と、懐かしい味のかやくごはん付きです。

香の物には、茶葉の佃煮でした。

茶葉の佃煮は初めて食べましたが、佃煮の具材を茶葉にするところは流石お茶屋さんだと思いました。

そしてミニパフェですが、抹茶の部分が少なめ(一番上にあるゴーフルのようなものとゼリーだけ)で、パフェは別で注文すれば良かったかなと思ってしまいました。

通常のパフェですと、お好みで抹茶パウダーを振りかけて抹茶の濃さをお好きに調節できるそうです。

スポンサーリンク






宇治抹茶カレーうどん・かやくご飯・ミニパフェセット

宇治抹茶カレーうどん・かやくご飯・ミニパフェセット

 

 

 

主人が食べたのは、「宇治抹茶カレーうどん」に、かやくご飯とミニパフェセットが付いて1,580円(税込)のセットです。

どうやら、テレビや新聞でも紹介されたことがあるそうですね。

言われなかったら、カレーうどんとは思わな位の緑色で、抹茶とカレーのコラボという斬新なメニューです。

食べてみると、通常のカレーよりとろみ感の少ない白だしの入った抹茶のカレーとのことです。

コシのあるうどんにも抹茶を練り込んであり抹茶尽くしですが、口に入れてみると抹茶より、カレーの味を強く感じるそうです。

「宇治抹茶カレーうどん」には、かまぼこ、ネギ、薄揚げ、手毬麩がのっていて、抹茶そばと同じくかやくご飯、茶葉の佃煮、ミニパフェが付いています。

茶葉の佃煮ですが、食べなれないせいか私も主人も美味しくなかったです…。

お茶の葉を佃煮に…と想像していただくと、そんなに美味しくないかも…と思う人もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、主人は「宇治抹茶カレーうどん」自体もそこまで美味しくなかったそうです。

私は、おそば美味しかったですよ。

ただ、伊藤久右衛門の一番はやはりパフェなんだろうなと思いました。

「宇治抹茶カレーうどん」が気になる方は、1日20杯の数量限定で11時~15時の時間のみ販売しているそうです。

伊藤久右衛門の抹茶が美味しいことは、間違えないと思いますので、伊藤久右衛門の通販サイトで甘味を購入して、引き続き食レポします(^^♪。

 

伊藤久右衛門の営業時間・アクセスなど

祇園四条店・茶房

営業時間 : 11:00〜19:00(茶房ラストオーダー18:30)

定休日 : 元日

電話 : 075-741-8096

住所:〒605-0074
京都市東山区四条通大和大路東南角祇園町南側586

・京阪祇園四条駅より徒歩1分
・阪急河原町駅より徒歩4分

駐車場:無し

※近くにコインパーキング有り

 

 

伊藤久右衛門の「宇治抹茶ロールケーキ」を食べた感想記事です。

伊藤久右衛門の宇治抹茶ロールケーキを食べた感想

 



 

戦国時代ランキング

 

 

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村