宇治茶の老舗である「福寿園」は、京都の繁華街に本店を構えています。

「福寿園」京都本店の1階はお土産屋ですが、2階にはカフェ、3階にはレストランもあります。

今回は、「福寿園」京都本店のカフェで、宇治茶の老舗として親しまれている「福寿園」の抹茶の甘味を食べた感想です。

スポンサーリンク






福寿園の歴史

福寿園の歴史は古く、寛政2年(1790年)にまで遡ります。

1790年とは、どのような時代であったかというと江戸時代中期、第11代征夷大将軍・徳川 家斉(とくがわ いえなり)の時代です。

今から約230年も前に創業していたのは驚きですね。

創業者は、福井伊右衛門さん…、どこかで聞いたような名前に思えましたが、現在、緑茶で有名な「伊右衛門」(いえもん)の由来になった方とのことです。

伊右衛門は、サントリーが販売していますが、福寿園が提携、監修している緑茶です。

 

福寿園は創業以来、お茶一筋に歩み続け、現代では宇治茶の老舗として親しまれるまでに成長します。

「一人でも多くの人に宇治茶を召し上がっていただきたい」という想いの元、宇治茶の宣伝・販売に努めカフェ、レストラン、ペットボトル飲料、カプセル飲料のコラボレーションなども行っているそうです。

スポンサーリンク






かぶせ茶 朝露

 

ウェルカムドリンクは、毎回同じではないようで、季節ごとの水出しのお茶をいただけるそうです。

私が「福寿園」京都本店のカフェに行った日は、福寿園のかぶせ茶「朝露」がウエルカムドリンクでした。

流石、お茶屋さんだけあって、お水代わりのお茶自体が美味しくて、旨味が出ていました(^^♪。

福寿園のウェルカムドリンク

 

抹茶クリームパフェ

カフェで食べたものを紹介します。

下の写真は、抹茶クリームパフェ 1,300円(税抜き)で、福寿園 京都本店のカフェで人気商品のようです。

 

福寿園の抹茶クリームパフェ

 

 

 

主人が食べたものですが、抹茶のアイス、抹茶のゼリーの他にバニラ、ほうじ茶アイス、生クリームなども入っています。

また、パフェの下にある黒いものは、ほうじ茶のゼリーです。

宇治の抹茶だけでなくほうじ茶も美味しくて、抹茶ほうじ茶、両方楽しめて主人は満足していました。

 

 

アイス抹茶カプチーノ

福寿園のアイス抹茶カプチーノ

 

 

アイス抹茶カプチーノ 700円(税抜き)は、私も主人もいただきました。

※甘味と一緒に注文すると400円(税抜き)にしてくれますので、パフェを食べた主人の分は400円でした。

宇治抹茶の旨味を生かしたドリンクで甘さはありません。

お好みでシロップを入れていただけます。

アイスほうじ茶カプチーノというドリンクもあるのですが、先に紹介した「抹茶クリームパフェ」に入っているほうじ茶が美味しかったので、アイスほうじ茶カプチーノを注文しても良かったかなと主人が話していました。

抹茶は当然?美味しいのですが、ほうじ茶も美味しいです(^^♪。

スポンサーリンク






ケーキセット

 

 

福寿園のケーキセット

 

私は、アイス抹茶カプチーノに400円(税抜き)を足してケーキセットにしました。

ケーキセットは、日替わりとのことですが、一番大きいケーキがほうじ茶のシフォンケーキ、2番目に大きいのは抹茶のパウンドケーキ、レンコン餅(わらび餅)、抹茶クッキーが付いていました。

ふわふわのシフォンケーキと抹茶クッキーが濃い味で美味しかったです。

抹茶クッキーは、お土産でもあるそうです。

色んな甘味が少しずつ楽しめて良かったと思います。

 

また、「福寿園」京都本店のカフェの混雑状況ですが、9月上旬の平日夕方に行ってガラガラでした。

お盆、お花見シーズン、紅葉シーズンは勿論、土日も結構混むそうですが…。

 

 

「福寿園」京都本店のカフェへのアクセス

福寿園京都本店 2階「京の茶寮」

住所:〒600-0000 京都府京都市下京区四条通富小路角 福寿園 京都本店2F

TEL 075-221-6172(2階直通)

営業時間 11:00~19:00(ラストオーダー18:30)

定休日 元日・第3水曜日

※変更もある為、確認がおススメです。

 

福寿園が監修した伊右衛門、その伊右衛門が運営する伊右衛門サロンがあります。

京都にある伊右衛門サロンに行った感想です。

伊右衛門サロン アトリエ京都へ行った感想

 

京都で人気の抹茶屋、伊藤九右衛門にご飯に行った記事です。

伊藤久右衛門の京都・祇園四条店の茶房でご飯を食べた



 

戦国時代ランキング

 

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村