「2019年9月」の記事一覧

明智光秀の学問所と天神神社

観光
万ヶ洞天神神社

岐阜県恵那市明智町、明智光秀の出生地とも云われており、光秀ゆかりの史跡が数多く残る場所でもあります。 今回は、明智光秀が若い頃勉強した場所と伝わる「学問所」と学問所がある「天神神社」に行ってきました。

明智町にある龍護寺~明智光秀の御霊廟(供養塔)と遠山氏について~

観光
明智光秀公の御霊廟

明知遠山家の菩提寺である龍護寺では、明知遠山家の墓所、明智光秀の御霊廟(供養塔)、出生の碑石、光秀のものと伝わる直垂などがあります。 何故、明知遠山家の菩提寺である龍護寺に、光秀の供養塔や直垂があるのでしょうか。 龍護寺と光秀について、また光秀と明知遠山家との関係も記しています。

荒深小五郎として明智光秀は生きた!?山県市に残る【桔梗塚】

観光
明智光秀の墓と伝承される「桔梗塚」

岐阜県山県市にある明智光秀のお墓とされる「桔梗塚」、光秀の産湯の井戸、行徳岩を見てきました。 山県市には、光秀は豊臣秀吉との対決である山崎の戦いでは、亡くならず荒深小五郎と改名し、山県市で生きたとする伝承があります。 そのため山県市には光秀のお墓があり、産湯の井戸まであります。 山県市に伝わる光秀の伝承とはなんでしょうか、訪ねてみました。

明智光秀の胴塚

観光
明智光秀胴塚

本能寺の変で織田信長を襲撃して自害に追い込んだ明智光秀、光秀の胴体が埋葬されているとされている「明智光秀の胴塚」は、京都市山科区にあります。 光秀が命を落としたとされる明智藪から、光秀の居城である坂本城の方向に2kmほど向かったところに光秀の胴塚があります。 この記事では、光秀の胴塚に行った感想や、光秀の胴塚についての考察を記しています。

小栗栖にある明智藪は明智光秀の終焉の地

観光
光秀が討たれた明智藪の場所

「小栗栖」にある「明智藪」は、明智光秀の終焉の地として知られています。 本能寺の変にて、織田信長・信忠父子を討ち、天下を手中にした明智光秀ですが、小栗栖にある明智藪にて討たれ自害したとされています。 今回は、明智光秀の終焉の地である小栗栖にある明智藪に行ったレポート記事です。

本能寺の宝物と三脚の蛙

観光
大寶殿宝物館にある織田信長の刀

織田信長が自害したことで有名な本能寺ですが、本能寺が所有する宝物を、本能寺の境内にある大寶殿(だいほうでん)宝物館に展示しています。 三脚の蛙で知られている「三足の蛙」や織田信長ゆかりの宝物も所蔵しており、織田信長が所有していたと伝わる刀、信長の家臣である森蘭丸の刀、信長の肖像画など宝物が沢山あります。 今回は、大寶殿宝物館についてと本能寺が受難を受けながら宝物を後世に伝えた話の記事です。

本能寺跡と碑石

観光
本能寺跡の石碑

「本能寺跡」に建つ「此附近本能寺址」の石柱と「本能寺跡」の碑石に書いてある内容について記載しています。 本能寺の歴史や、織田信長が生きていた頃の本能寺はどのような物だったでしょうか。 「本能寺跡」に訪れたことを元に記事にしました。

ページの先頭へ