パン好きの多い京都で一番の老舗パン屋「進々堂」は、京都市内に多くあるパン屋さんで、イートインコーナーもあり美味しくて便利と人気があるようです。

パン好きの筆者も旅行を機に「進々堂 北山店」に訪れてみました。

スポンサーリンク






京都と「進々堂 」

京都は古き良き日本のイメージがあり、ご飯が好きそうに思えましたが、実は、日本一パンの消費量が多い都市は京都市であるとされ、京都市内で調査を行ったところ、9割の人が「朝パン派」であることが判明したそうです。

そのような、パン好きの集まる京都市にあって、1913(大正2)年4月に開業以来106年の歴史を京都で刻むパン屋「進々堂 」があります。

進々堂の開業者は、日本で初めてのパンの留学生として、ヨーロッパでパンの実技や理論を学んだそうです。

帰国後に開業して以来100年余り、「京都には進々堂がある」と言ってもらえるよう努力をしてきたといい、現在ではパン好きも納得の美味しいパンを揃えています。

モーニング、ランチ、ディナーもありますが、筆者は購入したパンをイートインでいただいていただいてきました。

訪れたお店は駐車場完備(無料)の北山店です。

進々堂 北山店の外観

スポンサーリンク






白身魚とチェダーチーズドッグ

白身魚とチェダーチーズドッグ292円(税込み)は、下の写真では左側です。

白身魚のタルタルソースがかかった調理パンで、れんこんチップス、ミニトマト、チーズが挟まっています。

「進々堂 」のパンはパン自体がとても美味しくて、焼き立てじゃなくてもこんなに美味しいのねと思いました。

イートインには、パンを温めたい人は、フリーで使用できるトースターやレンジの用意もありました。

お冷もセルフで準備できます。

進々堂 北山店のパン

 

 

ダブルハムと瑞穂たまごのカイザーサンド

ダブルハムと瑞穂たまごのカイザーサンド327円(税込み)は、上の写真の右上です。

主人が食べたパンです。

パンが凄く美味しい、温めたらもっと美味しいだろうとパンの美味しさに驚いている様子でした。

パンの中は、黄身を潰した目玉焼きとハムです。

軽く塩味のついた薄味とのことです。

スポンサーリンク






リングドーナツ

リングドーナツ124円(税込み)は、上の写真の右下です。

3歳になったばかりの娘が食べていたものなので、どう美味しいのか感想は聞けませんでしたが、パクパク食べていましたので、味は気にいったようです。

 

 

「進々堂 」は老舗のパン屋だけあって、外国人の観光客も多いです。

「進々堂 」の雰囲気も素敵で店内もゆったりとした作りなので落ち着いて食事を楽しめます。

 

進々堂 北山店の店内

 

 

 

「進々堂 北山店」の営業時間・定休日

 

《営業時間》
1Fレストランの営業時間
・モーニング 7:30~11:00
・ランチ 11:00~20:00(o.s19:30)

2Fイートインの営業時間
7:30~19:00

ベーカリーショップ
7:30~20:00

《定休日》

定休日:無し(※年末、年始は要確認)

 

 

「進々堂 北山店」のアクセス

 

電話番号:075-724-3377

住所:京都市北区上賀茂岩ヶ垣内町93

地下鉄烏丸線北山駅2番出口すぐ

駐車場:店舗の横に8台止められます
※狭いので入れるのが難しいです…。

 

京料理がいただける川床

子連れで行ける京都の川床・富美家(ふみや)のランチ

 

 

 

スポンサーリンク






戦国時代ランキング

 

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村