明知光秀の肖像画の切り抜き

明智光秀唯一の肖像画は、大阪府岸和田市にある本徳寺(ほんとくじ)が所蔵しています。一説には、明智光秀の長男である明智光慶(あけち みつよし)が、出家して南国梵桂(なんごく ぼんけい)となり本徳寺を開基し、光秀の肖像画を描かせたとされています。光秀の肖像画について、明智光慶について記しています。