籠目

「かごめかごめ」で知られる歌は、子供が遊ぶ時にうたわれたり、童謡としても知られています。 その「かごめかごめ」の唄は明智光秀が山崎の合戦で亡くならず、天海という僧侶になって生きたことを暗示しているとする解釈があります。 今回は、「かごめかごめ」の唄が光秀とどう関係するのか、また真実かどうか検証しています。