徳川家康(松平元康)– category –

徳川家康(松平元康)は、三河の弱小勢力であった松平氏の生まれで、幼少期から人質生活を余儀なくされています。

やがて、今川義元が討死すると独立し、織田信長と同盟関係を結んで勢力を拡大していきます。

信長亡き後、最終的には豊臣秀吉に主従しています。

秀吉没後、関ヶ原の戦いにおいて石田三成らを破り、征夷大将軍となって江戸幕府を開いています。
1